スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/10/07 LCO 天空デイリー

チケットが少なくなってきたので、デイリー参加しました(笑)


レポート


参加者 15人くらい?
使用デッキ 黒紫制圧―ヤシャスィーン!!
フォーマット 天空構築(~天空編III)


1回戦 ○
VS 紫青結合
先攻。序盤から殴り合いになって、お互い《竜風拳 シオン》が強い。
相手ブロッカー1体のところで《神炎宰相 ユウファ》CBしてラストクロニクル。


2回戦 ○
VS 紫単炎府城
先攻。相手1ターン目CA《変化の幻竜将 ルゥム》、SS《大いなる竜魂霊廟》で死を覚悟。
予定調和的に3ターン目《大飛空塞 炎府城》を貼られるが、せめてもの抵抗として2500ラインを並べていく。
ダメージレースになり、
相手がそれほどCBしなかったこともありギリギリ勝利。


3回戦 ○
VS 白単探索
先攻。《沈黙の黒牙 ザ・ジ》の返しに《砂エルフの偵察兵》のスタートで打点が入らず。
相手はCBで手札を補充しつつ《聖求の旗艦 メルアンタ》で進行値を貯める動き。
こちらは《魔血の破戒騎士 ゼスタール》を追加し盤面を溶かしながら突撃開始・・・!
しかし、サクッと《大翼神像 セゴナ・レムリアス》着地して大ピンチ、を《バステト》最強すぎて勝ち。


4回戦 ×
VS 黒紫制圧
後攻。《魔刃の狂戦士》スタートされて序盤からライフがゴリゴリ削られる。
《破門刃のオセロテ》連打してギリギリ盤面を持たせていくが、進行値をガッツリ貯められてしまいツライ。
終盤、相討ちするかスルーするかの選択をミスしてしまい負け。素人。


5回戦 ○
BYE


実質3-1で3位でした。


本日は以上です。
スポンサーサイト

2015/09/06 YS京都&ホビクリ 天空IIIプレリリース

今週末から天空IIIプレリリースがスタートしましたね!
市内のイエサブだけ行こうかと思ってたのですが、諸事情によりハシゴしてきました!


レポート@YS京都


参加者 6名

デッキは黒紫タッチ白でした。
《猛火の軍船 紫竜号》や《深淵の黒雷》があってそこそこ強そうな感じ。


1回戦 ×
VS 黒橙青
後攻。相手《夢魔の切り込み隊》→《魔戦技の異端姫 シェネ》CBで《ゼスタムの戦闘員》→《レーテの月覆い》→《魔戦技の異端姫 シェネ》速攻とかで制圧されまくって《まどろむサイクロプス》出てきて負け。


2回戦 ◯
VS 黒紫白
後攻。相手がユニット展開詰まってるところをドドスコスコスコ後続投入して勝ち。


なかなか強そうかと思ってたデッキは微妙なできでした←
ここでホビクリ方面からお誘いが届く。
最後までやるとハシゴできなかったので、ドロップして移動。


レポート@ホビクリ


参加者 5名

デッキは白黒タッチ青でした。
《魔血の破戒騎士 ゼスタール》とか白黒SRストラクチャ2種類とかでやる気満々ですw


1回戦 ◯
VS 白黒青?
後攻。《不吉羽の毒針刺し》+《砂上戦艦 ゼルバータ》コンボが無双して勝ち。


2回戦 ◯
VS 白黒青
先攻。制圧、制圧ゥ!して勝ち。《魔血の破戒騎士 ゼスタール》強すぎました(小学生並みの感想)


3回戦 ◯
VS 白黒青
先攻。相手《夢魔の切り込み隊》スタートから《まどろむサイクロプス》の流れを《凍てつきの精霊》でくいとめる。
めっちゃ膠着した戦いの末《聖求の旗艦 メルアンタ》のオーラ付与が強くて勝ち。


結果3-0でした。
《神告の秘使者 エルニィ》の束ゲットだぜ!


今回のシールドのコツはまず勢力黒のカードプールを見ることですね。
強かったらおめでとうございます、弱かったら・・・


本日は以上です。

2015/08/03 LCO デイリートリートメント

久しぶりに出てみました。


レポート


参加者 14名
フォーマット 天空構築
使用デッキ 青橙黒結合


1回戦 ○
VS 白黒紫コントロール
後攻。相手の《光の聖裁》を読んで、ケアしながら殴っていく。
そこまではよかったのだが、《完全なる眠り》構えのところで結合貼り先ミスってギリギリに。
後はユニット絶やさないようにプレッシャー掛けて何とか勝ち。

《完全なる眠り》っぽいなと考えてはいたが、その場合の最善手を検討できてなかった。反省。


2回戦 ○
VS 紫単
後攻。《陽炎の精》走ってくるが、2ターン目が《覇炎の竜戦姫》でクロック増加はない。
と思ったら《号令を待つ翼竜》と並んで打点が大きくなり、予断を許さぬ盤面に。
《大極風》構えで突然死を回避しつつチャンプも挟んでライフ損失を抑えるが、残り3点まで削られてしまう。
《シャクシャイン》&《不思議の国のアリス》でアドバンテージ差を付けていき、《バステト》が頑張って勝ち。


3回戦 ○
VS 青橙黒結合
先攻。《闘志のオセロテ》から《不思議の国のアリス》、《幻惑のセイレーン》と動いてビートダウン。
大体勝ったかと思ったところで相手に《バステト》+《氷獄の大公主》×2が揃って危ない感じに。
しかし気合いで横に伸ばしつつ、発展時《幻惑のセイレーン》キャッチで勝ち。

・・・発展せずに自分のトップ《バステト》でバーンしたら、そのまま勝ってた。ウッカリである。反省。


4回戦 ×
VS 白橙王
後攻。相手3ターン目《ゼス谷の小族長 ノノン》CBで盤面に《タグマールの聖泉守り》3枚が並ぶ事件。
勇猛パンチを受けつつ、こちらは打点を入れられないまま《闘獣王 ガルバ・ベルガ》が出てきて絶望的な状況に。
《極海の宝声 アイネ》+《幻惑のセイレーン》などで盛り返していき、何とかライフを一桁に。
しかし《迅速な救護隊》CBから《飛空戦艦 メル・アルバタール》で負け。

途中、明らかに《ティルダナ式投石術》構えのところを《バステト》でブロックするミス。
ミスの種類としては1回戦と同じなので、今日は全く集中出来てなかったってことだと思う。
練習時間は限られているので、一回一回を大事にすることを意識してプレイしていきたい。


結果3-1で順位は不明。


本日は以上です。

2015/01/31 LCO デイリートーナメント

久しぶりのデイリー参加です。


レポート


参加者 20名
使用デッキ 橙紫黒

sealed_blog3.png

Sが1枚しかないが《覇王拳神 ベルカ》は全プール中でも最強の一角なのでよい感じ(笑)
橙は全て使って13枚とダブルシンボルを捻出するには心もとないが、平均的に使えるカードばかりなので採用決定。
紫は枚数が多く《立花誾千代》2枚、《ベルシ森の闇狩人》があるため是非メインとして使いたい。
自然な流れでタッチカラーに黒を選んで、なかなかよいデッキが完成。

懸念事項としてはパワー3500以上のカードが極端に少ないことが挙げられる。
これをカバーするため《剣の舞い手》2枚を擁する青も考慮したが、橙も紫も切るには惜しすぎるため変更には至らなかった。
先手であれば豊富なトリックで押し切れるはずなので、そこまで問題ではないということもある。
後は《立花誾千代》が《サンダーブレイク》や《ベルシ森の闇狩人》で焼かれないことを祈るばかり^^;


1回戦 ○
VS 紫黒橙
先攻。相手は《轟き山の勇士》スタートから3ターン目《ハシシュの暗器投げ》+《岩森の大賢者》で大幅にテンポ差を付けられてしまう。
しかし、4ターン目にトップした《ベルシ森の闇狩人》を異能で叩き付け盤面を返す。
後はゆっくりして《雲突く山脈またぎ》と《雷雲のヌエ》のサイズで押していき、《覇王拳神 ベルカ》も駆けつけて勝ち。


2回戦 ○
VS 紫黒青
先攻。《ハシシュの暗器投げ》スタートから《プラトン》で《地霊剣の闘神官》ゲットの好スタート。
さらに3ターン目には《絆の闘志》で相手のブロッカーを打ち取りつつ、《ハシシュの暗器投げ》2枚目を展開するドブン。
相手は時代Iで4枚発展してしまい、そのままワンサイドゲームで勝ち。

途中、クリックミスでブロッカーがいないのに小隊をしてしまった。反省><


3回戦 ○
VS 紫青橙
先攻。2ターン目《地霊剣の闘神官》からスタートして4ターン目に《ベルシ森の闇狩人》という先手必勝パターンの立ち上がり。
相手も《尊大な高潮乗り》などを展開し相打ちを取ってくるが、テンポ差は覆らない。
さらに《渦巻く曇天荒らし》で《ロジカの屍毒兵》を落として復活のプチコンボも決めていく。
相手は時代IIから時代IIIの発展時《サンダーブレイク》CBから《サンダーブレイク》回収でパワー2500のユニットが2体処理してくるが、それを上回る数の暴力で勝ち。


4回戦 ○
VS 紫青
先攻。相手は1ターン目《ハシシュの暗器投げ》スタートで、こちらは2ターン目の《地霊剣の闘神官》から。
手札には《覇王拳神 ベルカ》があるので、相打ちしないように立ち回りたい。
3ターン目にパワー2500を出すとテンポを取られてしまいユニットも減るので、《渦巻く曇天荒らし》で《ハシシュの暗器投げ》を処理。
相手はCAヤードが222になるが《理力の銛打ち》を展開から《ゼフィロン天空師団》回収と殺意に満ち溢れている。
さらには早出しの《ジークフリート》も出てくるが、ここで《理力の銛打ち》に《覇王拳神 ベルカ》でゲームセット。


5回戦 ○
VS 橙紫青
後攻。相手は《受け流しの波濤使い》から《地霊剣の闘神官》のスタートだが3ターン目のアクションが飛ぶ。
こちらは1ターン目こそ動きがないものの、順調に展開して発展も3ターンで成功。
ダメージレースになり、お互い《ベルシ森の闇狩人》も出し合って一進一退。
しかし相手は《幻影剣士 アスカ》を手札に持っており、そこも踏まえると不利な状況。
終盤、相手の発展失敗に賭けてフルパンし、返しにCA2がめくれて勝ち。


結果5-0で優勝でした。
今回はかなりツイていたので、勝ててハッピーです♪

2015/01/25 LCO デイリートーナメント

今週末はオンライン版の全国大会でしたね!
まだ対戦の模様は見てないのですが、ニコ生タイムシフトを見るのが楽しみです。


レポート


参加者 23名
使用デッキ 紫青橙

sealed_blog2.png

強いSがなくて残念プール気味だが、Rは《立花誾千代》2枚が目を引く。
その他《奇襲する先遣隊》や《ベルシ森の闇狩人》など優秀なカードもあるため、紫は1番使いたい勢力である。
橙も《鬼神酒の大族長 ジルオーラ》や《道開きし拳闘団》は優秀だが、シングルシンボル出ればOKなので3色目(タッチ)で採用。
となれば、2色目を決めたいところで、候補は白と青。
《シルバータイガー》5枚でCA3が安定する白、時代操作《神下りの異風》コンボが狙えそうな青、どちらも悪くない。
色々と検討して、平均的に強いカードが多い青に決めた。
紫青橙では2コストが少ないのが心配だが、マリガンして強引に引く方がまだ勝てそうと判断した。


1回戦 ○
不戦勝


2回戦 ○
VS 青紫
先攻。マリガン後2ターン目に出すものがないが、3ターン発展してギリギリセーフ。
しかし相手から《奇襲する先遣隊》が出てきて、若干押され気味の展開。
《立花誾千代》を2枚引いたので、盤面を上手く誤魔化しつつ時代IIIまで耐える。
相手は《ゼフィロン天空師団》を連打してくるが、こちらも3500で相打ちしていく。
概ね有利そうな状況になったところで、ダメ押し《白波海の神竜》トップで勝ち。


3回戦 ×
VS 紫黒
後攻。相手1ターン目《ハシシュの暗器投げ》、2ターン目《シューベルト》の最強ムーブ\(^o^)/
《シューベルト》放置するとそのまま負けるので、泣く泣く《渦巻く曇天荒らし》で除去。
しかし発展時に《風刃写し》キャッチ&《ロジカの屍毒兵》落としの鬼畜モードで、《ベルシ森の闇狩人》まで異能で追加されれば投了するしかないw


4回戦 ○
VS 橙紫
後攻。《剣山の鷹匠》からスタートして2コストユニットを連打してくる相手。
こちらも順調に展開して《道開きし拳闘団》から《尊大な高潮乗り》の動き。
さらに《理力の銛打ち》を追加して盤面を固めていくが、《絆の闘志》持ってそうなアタックを仕掛けられる。
適当に使ってもらいつつ、ダメージレースをしているとCAヤードに《ジークフリート》の姿が。
《ジークフリート》といえば今弾でも屈指の強Sなので、まともに戦うと勝てない><
そこで・・・!
《雷雲のヌエ》を握りしめて、ワンチャン素通りプラン(笑)を狙う。
これが成功して勝ち。


5回戦 ×
VS 橙紫黒
先攻。2ターン目に動けず、3ターン目《立花誾千代》に《ロジカの屍毒兵》を合わせられる残念なスタート。
発展せず第2メインまで進むプランも考えたが、テンポを大事にして《風刃写し》で攻撃。
とはいえ、スムーズに展開出来ていない分で厳しいダメージレースになっていく。
《ジークフリート》まで追加されて、《神下りの異風》でワンチャンスを狙ってみるが噛み合わず負け。


結果3-2でした。

流石に2コストがデッキに少なかったというのが反省点です。
デッキパワーと安定性どちらを求めるのか、環境や狙う勝ち数によっても変わると思います。
デイリーは5-0以外でもプライズがあるので、もう少し安定志向でもいいのかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。