スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/12/26 ホビステ京都 ショップトライアル

予告通り、リアルラスクロしに行ってきました!


レポート


使用デッキ:紫青アンジュ
参加者:5名

最近は地味に人が増えてる感じがしますね!
この調子で流行ってくれると楽しいのですがw


1回戦 ○
VS 橙紫
後攻かつ序盤あまり殴れない展開になるが、相手は《魂石のドルイド》で加速して発展で《斉天大聖》を手札に加えるいい動き・・・
かと思ったら橙ダブルが出ないようで、《斉天大聖》が出てこず!
その隙にダメージを稼いで勝ち。


2回戦 ×
VS 黒紫
先攻で最初の3ターン続けてユニット出せるいい手札だと思ったら、後攻1ターン目にめくれる《ラスプーチン》さん。
テンポ負けしながらダメージレースするが、《常闇の魔女 プローセナ》と《タグ荒野のオーク》出てきてツラい。
しかも《タグの屍術師 グッコ》も出てくる><
《紫電の刺客 アズラール》でまくれるかな?ってところで《乱世の走狗》が2枚アンブロで殴ってきて負け。


3回戦 ○
VS 白橙
先攻。しかし序盤全然殴れなくて、《斉天大聖》が5ターン目に着地してダメージレースがキツめ。
なんとか《郷愁の唄》で誤魔化しながら殴って、18点あったライフを10まで落とす。
次のターン《海部の将 ミフネ》で3枚飛ばして勝ち。


2-1で3位でした。
残念。


トレードリスト


現在、プレミアムカードを収集中ですので、ご協力をお願いしますm(__)m
トレードリスト
スポンサーサイト

【デッキレシピ】黒橙オーク―お約束ビートダウン

メリークリスマス♪
はい、もうすぐ終わりますけど(笑)

プレゼントというわけではありませんが、デッキレシピを紹介します。


黒橙オーク―お約束ビートダウン


gukko

44 ユニット
3 《血風の狂戦士 バルカヌス》
3 《生きた大剣》
3 《ブラッド・トレーダー》
3 《バストリアンバーサーカー》

2 《ガイラントの謡い手》
2 《戦刃の踊り手 カーリーン》
3 《乱世の走狗》
3 《イルクベリアの脱獄囚》
3 《黒暦の司》
3 《ラスプーチン》

2 《森の守り手》
3 《モロクの火炉番》
3 《タグ荒野のオーク》
3 《貪欲なオーク》
2 《常闇の魔女 プローセナ》

3 《タグの屍術師 グッコ》

6 スペル
3 《巨体化》
3 《狂乱の士気》

☆Stats
勢力 橙:黒=15:35
CA 1:2:3=3:29:18


解説


1弾の頃から強力だった黒橙のビートダウンデッキに2弾からソウルチェンジ入れちゃいました、というデッキです。
SRが《常闇の魔女 プローセナ》2枚だけですし、意図せず組みやすい感じの構成になってますね。

オークのEPICユニット《タグの屍術師 グッコ》は2~3コストで出せるのにレベルIIの割にはサイズが大きく、優秀なクロックとして活躍出来ます。
《タグ荒野のオーク》や《貪欲なオーク》で攻撃して、戦闘後にソウルチェンジするのが基本的な動きです。

新弾のカードでは《常闇の魔女 プローセナ》と《ラスプーチン》が強力です。
《常闇の魔女 プローセナ》はそれほどシナジーする効果のカードは入っていないのですが、普通に攻撃しているだけで大ダメージになります。
《ラスプーチン》はCBでカード1枚分の得が出来るのも偉いですし、同じようなビートダウン同系で活躍するアビリティを持っています。

普通にユニットを並べて殴るだけのデッキですが、それなりの強さだと思います。
細かなユニットの選択はもう少し考えたいところですけどw


以上です。
明日は1週間ぶりのリアルラスクロしに行きます!


トレードリスト


現在、プレミアムカードを収集中ですので、ご協力をお願いしますm(__)m
トレードリスト

2013/12/19 ホビステ京都 公認大会

お久しぶりですが、元気に(?)生きてました!
しばらく訳あって別のカードゲームをずっと触っていたのですが、ようやく一段落という感じです。
またラスクロやっていこうと思いますので、よろしくです♪


レポート


使用デッキ:黒橙オーク
参加者:5名

前環境で結構強かった黒橙に《タグの屍術師 グッコ》を突っ込んでみましたというデッキです。
《ラスプーチン》や《常闇の魔女 プローセナ》などその他の新弾カードも入ってます。


1回戦 ○
VS 橙紫
先攻《ブラッド・トレーダー》スタートするが、返しで《血風の狂戦士 バルカヌス》出てきて美味しくない。
お互い適当に並べ合ったり殴り合ったりするが、途中で《タグの屍術師 グッコ》のソウルチェンジに成功して有利に。
そのままパワー3000が制圧して勝ち。


2回戦 ○
VS 青紫
先攻だがマリガンしても1コストが来ず、2ターン目から動き始める。
適当にダメージレースして、相手が時代発展するタイミングで《モロクの火炉番》を着地。
これが《海部の将 ミフネ》プランだった相手に刺さって、際どい応酬を制して勝ち。


3回戦 ○
VS 黒紫
後攻でライフ15点スタートするが、《ラスプーチン》がCBしてテンポは良好。
適当に展開しつつ《タグの屍術師 グッコ》を出して《モロクの火炉番》回収とか強い動き出来て勝ち。


結果、優勝でした^^
プロモパックから当たり券も出てハッピーです。
4枚目だけど←


トレードリスト


現在、プレミアムカードを収集中ですので、ご協力をお願いしますm(__)m
トレードリスト

【デッキレシピ】紫青アンジュ―あずにゃんオーケストラ

面白そうなデッキを組んだのでデッキレシピ公開してみます!
キーカードは《わだつみの声 アンジュ》です。


紫青アンジュ―あずにゃんオーケストラ


azunyan

36 ユニット
3 《覇力の偶像》
3 《戦雲の楽人》

3 《疾風の弓使い》
3 《星屑の精霊》
2 《シグニィの風使い》
3 《わだつみの声 アンジュ》
2 《コロンブス》

3 《シグニィの雷司祭》
3 《ゼノビア》
3 《紫電の刺客 アズラール》
2 《霊薬士 マキナ》

3 《海部の将 ミフネ》

3 《ハンニバル・バルカ》

10 スペル
2 《嵐の進撃》
2 《時の捻じれ》
3 《サンダーアロー》
3 《郷愁の唄》

4 ヒストリー
1 《トウアの技術教本》
3 《時移しの魔笛》

☆Stats
勢力 紫:青=25:25
CA 3:2:1=19:25:6


解説


《わだつみの声 アンジュ》は手札を減らさずに展開可能で、カードを1枚手札に加えるという無駄になりにくいCBを持っている優秀なユニットです。
現在サーチ対象となっている楽器は《時移しの魔笛》のみですが、このカードは音楽家と組み合わさることで大きな力を発揮します。

通常、ユニットのパワーはそのユニットのレベルによって大まかに設定されています。
レベルIなら2000が多く、レベルIIなら2500が多い、という感じですね。
そしてお互いの時代は同じような速度で発展していくため、戦場では同じくらいのパワーのユニットが対面しやすいということになります。
これがラスクロの基本中の基本で、ゲームの大前提となっている部分です。

しかし・・・!
《時移しの魔笛》のアビリティはこの大前提を崩すことが出来ます。
時代IIにはレベルIII、時代IIIにはレベルIVのユニットを一方的に使えるとなれば、かなり有利になれるでしょう。
相手よりワンサイズ上のユニットで殴り続ける、これまでにないゲーム展開が可能となります。

今回注目したのは、まず《紫電の刺客 アズラール》でした。
このユニットは規格外のサイズを持っており、早いターンからアタックすることが出来れば簡単にゲームを決めてくれます。
他は時代I→IIの発展時に配置したいが、しばらく置物になってしまう《海部の将 ミフネ》も《時移しの魔笛》と相性のいいカードです。
時代IIにおけるパワー3000はそれなりに対処されてしまうとはいえ、本来動かないはずのこいつが動くのはインパクトがあります。
また、主にCB目的での採用になりがちな《ハンニバル・バルカ》も、このデッキでは優秀なアタッカーです。
殴れれば強いんだけど・・・というレベルIVユニットによくある悩みも簡単に解決です。

その他、音楽家であることが偉い《戦雲の楽人》と、脅威のテンポを生み出す《郷愁の唄》は絶対入れたいカードです。
戦場に常に音楽家を配置しておくためには音楽家6枚体制は必須です。
時には《わだつみの声 アンジュ》を《郷愁の唄》で回収して除去から守るプレイをしてでも、音楽家を絶やさないようにすることが大事です。


今もうちょっと変えたいなと思っている部分は2つあります。

1つはパワー2000が多すぎて《雷流術》が厳しくなっていることで、これは色の組み合わせ的にある程度あきらめることも必要なところです。
例えば《荒ぶるワイバーン》なんかを入れてみても動くようなら、それもありかも知れません。

もう1つは除去の選択です。
現状《サンダーアロー》が入っていますが、少し重くてそこまで強いという感じがありません。
かといって《サンダーバレット》にすると対応可能な範囲が狭くなるので、なかなか難しいです。

あとは一応ヒストリーについても少し考えたいですね。
《トウアの技術教本》は音楽家を引き込むために活躍させられるのでデッキには合っていそうです。
他の候補は《青の宝樹》もそれなりに強そうで、入れる場合は是非《征地の奇兵》も試したいです。


まだまだ荒削りですし、もう少し煮詰めていきたいデッキです。
また、《わだつみの声 アンジュ》はかなりの可能性を秘めているので、他の方向性でもたくさんデッキを組んでいきたいですね!


トレードリスト


現在、プレミアムカードを収集中ですので、ご協力をお願いしますm(__)m
トレードリスト

2013/12/09 ホビステ北大路 公認大会

しばらく大会に行けてなかったのですが、久しぶりに行ってきました。


レポート


参加者:3名
使用デッキ:白単

いまだにカードが揃ってないので新弾SRなしで組める白単を使いました(笑)
他にも色々組んであるのですが、全部プロキシ入ってるという事実・・・


1回戦 ×
VS 青橙
後攻。《霊薬士 マキナ》と《トポカ宮の氷結術士》出てきて時代I→IIの発展をされて厳しい。
時代II→IIIはさらに《トポカ宮の氷結術士》追加から《海部の将 ミフネ》出てきて死亡。
一応即死だけはしないように動いたけど、除去なしコンバットのみで対処するのは普通に無理><


2回戦 ○
VS 青黒
先攻。《ジャンヌ・ダルク》と《ランスロット》がサイズ大きくて偉い。
しかし《マーリン》出てきてライフが詰まる。
《海部の将 ミフネ》で死なないようにケアしながら少しずつライフを削って勝ち。


結果2位か3位でした。残念。

白単に関しては、デッキ自体はかなり微妙な感じでした。
騎士を使うにしても単色である必要は全然ないですね←
カードとしては新弾では《ランスロット》がサイズが大きくて強かったです。


トレードリスト


現在、プレミアムカードを収集中ですので、ご協力をお願いしますm(__)m
トレードリスト

《ゼノビア》ちゃんの小ネタ

今回は第2弾「英魂の讃歌」トップレアとの呼び声も高い《ゼノビア》についての小ネタを紹介したいと思います。
私自身もNGCの配信で聞いた話なので、知ってる方も多いでしょうけど(^^;


《ゼノビア》ちゃんの小ネタ


zenobi

《ゼノビア》ちゃんといえば基準値スペックでありながら何故か強力なアビリティを2つも持っているゼフィロン速攻界のアイドル的存在ですね←
普通に使っても強い彼女ですが、実はユニットたくさんで小隊攻撃すると「すごいこと」が起きます。

それらは『突破2』を持つ。


ここでのそれらとは攻撃ユニットを指しており、もし3体以上のユニットで攻撃していた場合でも全てのユニットが『突破2』を持つことになります。
つまり小隊攻撃して、たくさんのユニットが戦闘終了時に生き残っていればその分『突破2』のダメージを与えられるわけです。

例を挙げると、こちらが《ゼノビア》とパワー2000のユニット2体の計3体で小隊攻撃して、相手のパワー2000のユニットにブロックされたとしましょう。
この時パワー2000のユニット同士が相打ちする形となり、こちらの《ゼノビア》とパワー2000のユニットの内1体は生き残ることになります。
すると2体のユニットの『突破2』により合計4ダメージを与えることが出来ます。

テキストにも書いてある通りのことなので、どこが「すごいこと」なのかは怪しいですが大ダメージは確実ですね♪
ただし、あまりたくさんで小隊攻撃して『突破2』×5だ!と考えても、相手にはスルーの選択肢もあることはお忘れなく(笑)

《ゼノビア》ちゃんはパルミラ王国の女王だけあって、きっと家来の使い方がお上手なんですね。
というお話でしたw


トレードリスト


現在、プレミアムカードを収集中ですので、ご協力をお願いしますm(__)m
トレードリスト

《アプロディテ》で毎ターン時代発展!

ここ数日はブログ更新の時間が取れず、放置気味になってしまいました><
せっかく新弾「英魂の讃歌」が発売になったので色々と書いていきたいのですが、なかなかカードに触っている時間がありません。。。

予定には行くと書いていたのですが、本日のホビステ公認大会も行けない感じです。


《アプロディテ》で毎ターン時代発展!


afro

正直なところSRとしては少し地味なアビリティを持つ《アプロディテ》さん、どう使うといいのかを考えてました。
そして気付いたのは、このカードを使うことで毎ターンの時代発展が可能ということです。
用意するカードは次の通りです。

《アーサー》
《ブリュンヒルデ》
《アプロディテ》
ハスク(※ハスクとは自分のユニットを犠牲にするコストのアビリティを持ったユニットのことです)

自分のターン毎にチェックフェイズ+《アーサー》+《アプロディテ》で3回クロノチェックを行えば、大体は時代の発展が行えると思われます。
《アプロディテ》でクロノチェックを行うためには捨て札に送る必要があるため、《ナイトクドゥラク》や《ヴラド・ツェペシュ》あたりのユニットを使いましょう。
そして時代の発展時に《ブリュンヒルデ》がいれば、捨て札送りにした《アプロディテ》が場に戻せるので次のターンも同様の動きが可能です。

・・・これが永久機関か(笑)

通常は時代の発展を毎ターン行っても特にメリットはないですが、各種の宝樹や《夜を盗むもの ライーサ》などを組み合わせれば色々すごいことが起きますね。
とはいえ、《アーサー》と《ブリュンヒルデ》と《ヴラド・ツェペシュ》みたいな場になっているなら、そもそも何やっても勝ちそうという話。
《アプロディテ》さん、必要n(ry

上で挙げた例は極端だったのですが、ここで言いたかったのは《アプロディテ》が結構お手軽にクロノチェックを行えるということです。
これまでのカードだと《テバの天空庭園》がお手軽クロノチェック向けカードだったのですが、基本的にはゲーム中1回のみの使い切りでした。
《アプロディテ》はアビリティの特性上、出せば出すほどクロノチェックの機会が増えていくので何かと悪さは出来そうだなと。
上記の通り、時代の発展毎のアビリティとは相性がいいので、組み合わせたデッキを考えてみるのも面白そうです。


トレードリスト


現在、プレミアムカードを収集中ですので、ご協力をお願いしますm(__)m
トレードリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。