スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4弾『救世の交響詩』公式イベント結果まとめ&振り返り

ラスクロツアー前半戦が全て終了しました。
第4弾環境での公式イベントはもうないということで、
まとめ記事を書いてみたいと思います。

昨日の記事で“復活は9月”と言ったな!
あれは嘘だ!笑


第4弾環境の公式イベント結果まとめ


第4弾環境で行われたツアー名古屋~台北の6会場で、
公式レポートにレシピが載っている合計22デッキについてグラフにまとめました。

構築戦はチーム戦もありましたが、個人戦だけを対象としています。

LC04BD
図 第4弾環境の公式イベント結果まとめ

最も数が多かったのは白黒橙コントロールと橙紫ビートダウンでした。
橙紫が環境初期からコンスタントに入賞し続けているのに対して、
白黒橙はツアー新居浜以降に台頭してきたデッキタイプというのが印象的でしょうか。

続く青紫雷力術とゴズオムは第4弾発売直後こそ数が多かったものの、
最近では結果を残していないことも気になる点です。
青紫はビートダウンに逆風な環境で使用者が減っていったのではないかと予想されます。
また、ゴズオムは白黒橙に色を減らしてより洗練されていったのだと思います。

全体を見ると各勢力使われていることが分かります。
ビートダウンVSコントロールという視点で見ると、少しコントロール優勢でしょうか。
今後、第5弾『神理の激突』発売後の環境が楽しみです。


第4弾『災禍を討つ者』振り返り


恒例となったファーストインプレッションを振り返っていく企画です。

まず、第4弾ファーストインプレッションはこちらの記事から見て頂けます。
「救世の交響詩」ファーストインプレッションまとめ

イチオシカードについて


次のカードを挙げていました。

《白雪姫》→あまり使われなかった
《関羽》→よく使われた

《古き精霊門》→普通に使われた
《風雷拳士 ファルトー》→普通に使われた

《大翼の勇者 スワティマ》→よく使われた
《傭兵女帝 ベルスネ》→あまり使われなかった

《ジャック・ザ・リッパー》→よく使われた

《光波の聖剣士 ユセナ》→あまり使われなかった
《青魔鋼の剣士》→アリオンで使われた

イチオシに挙げていなかったカードで要注目だったのは《予兆の姫巫女 イルミナ》ですね。
《滅史の災魂 ゴズ・オム》との相性がよく、何かと便利なグッドカードでした。
他はそこそこ使われているカードを挙げられたのではと思います。

《白雪姫》、《傭兵女帝 ベルスネ》、《光波の聖剣士 ユセナ》については、
残念ながらあまり使われませんでしたね。
後者2枚については《暗殺》が基本除去になってしまったので、活躍しづらかったのかな?

《滅史の災魂 ゴズ・オム》に関しては特別に取り上げていましたが、
活躍したカードだったといえるのではないでしょうか。
友人たちには「カードの奴隷になってはいけない。」というフレーズが大人気でした(白目)

注目していなかったが、かなり使われた/強かった


次は個別のカードについて、評価が大きく変わったものを挙げてみます。

《生還》 初見でアリオンに入れたら強いという発想に至らなかった。反省。
《髑髏兵の騎将》 まさかこれほど活躍するとは夢にも思わなかった。対処しづらさがウリ。

今回この2枚は使う人いないと思っていたので、個人的にはかなり意外でした。
しかし使われたり、使ってみたりすると実際強かったので、
まだまだカードを見る目がないなという気持ちです><

注目していたが、全く使われていなかった/弱かった


こちらも評価が変わったものを挙げます。

《聖女教皇 ファムナス》 このカードが活躍するほどビートダウン優位の環境ではなかった
《リチャード獅子心王》 未来枠(震え声)

《ヒッポリュテー》 時代Iデッキはそこまで流行らなかった印象
《若木の援兵》 CA2パワー2000はデッキに入りづらい法則

《紫式部》 軽いEPICが増えたらまたチャンスあるかも?
《伝承の紫炎》 流石に使いにくすぎたか
《雷震波》 自分では使わないなと思っていたが、誰も使っていなかったw

《タグの毒矢吹き ヌンガー》 黒はオークが云々という勢力ではなかった
《盗賊王 ギルスティン》 黒は盗賊が(ry
《魔鋼の機人 ゼノ》 ビートダウン向きのカードだが環境に合っていなかった

《永久の歌声の人魚》 音楽家は現在失業気味?
《利巧の豪商 ワシュウ》 というか青自体が少し元気ない感じ?

カード自体は強くても、環境に合っていない感じのカードが多かったですね。
イースラ勢(?)としては、もうちょっと青いカードで頑張りたかったなと思いますw


まとめ


ビートダウンはより速く、コントロールはより遅く、という尖ったデッキが勝ちやすい環境だったかなと思います。
また、マルチソウルのカードもよく使われており、これまでは構築しにくかった多色デッキが隆盛しました。

第5弾でもこれまでになかった組み合わせのマルチソウルが増えますし、どのようなデッキが出てくるか今から楽しみです。


本日は以上です。
スポンサーサイト

2014年8月の近況!

久しぶりの更新になってしまいました><


今月末にHobby Japanより発売中のFFTCGの全国大会的なイベントがあるので、
最近はその練習に時間を費やしている感じです。
そんなわけで、ラスクロはあまり触っていません\(^o^)/

また、9月頭の第5弾「神理の激突」プレリリースあたりから復活しようと思います。
ラスト クロニクル 神理の激突プレリリースパーティー 開催

《新月の武者巫女 ミズキ》は面白そうなカードですね!


と、近況だけではなんなのでラスクロ関係の話題をピックアップしてみます!

☆構築済みデッキ
パッケージはそのままストレージに!ラストクロニクル待望の構築済みデッキ登場!

遂にラスクロでも構築済みデッキが発売されるようです!
これでますます布教しやすくなるかも?笑


☆第5弾のカードプレビュー開始!?
本日のフレーバー

第5弾「神理の激突」より《天卵の管理官 セヤデ》が紹介されています。
これはイラストコンテストの入賞カードですね!
しばらくは毎日新カードがみられるのでしょうか♪

来週の公式ニコ生のプレビューも注目です。
『ラストクロニクル』第5弾"神理の激突"カードプレビュー


☆ラスクロオンライン“ランカー”てなー氏ブログ開始!
てなーの日記

ラスクロオンラインSSランカーで、私の友人でもあるてなー氏がブログをはじめたようです。
デッキレシピも載っているので、是非チェックしてみましょう^^


今回は以上です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。