スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5弾『神理の激突』環境公式イベント結果まとめ

11/30のFinalをもって、ラスクロ2014ツアーが全て終了しました。
ということで、5弾環境の公式イベントもここまでとなります。

毎弾恒例のまとめ記事を書いてみました。
内容はツアーで上位(シングルエリミネーション)に残ったデッキの分布と簡単な考察です。
5弾環境、5弾+構築済み環境、その合計を調べています。
なお、集計対象は個人戦のみとなっています。


第5弾環境の公式イベント結果まとめ


土浦~宇都宮の9会場の結果です。
49デッキ分をまとめています。
(ツアー福島は優勝デッキ以外不明なので1デッキのみ集計しました)

LC05breakdown.png

最多数となったのは第4弾環境と同じく白黒橙コントロールでした。
それに《アルバネスの戦士酒場》を使ったビートダウン、通称酒場デッキが続きます。
コントロールデッキに対しては《飛雷宮の衛士》が刺さり、さらにそれを《白輝の鼓舞》で対策する、
というメタゲームの変遷が印象的でした。

その他としては白青の《第四界の聖光士 ヴェス》デッキや紫黒青ソウル破壊デッキなど、
個性的なデッキも活躍していました。


第5弾+構築済み環境の公式イベント結果まとめ


構築済みデッキ発売後、大津からFinalの6会場の結果です。
40デッキ分をまとめています。

LCSTbreakdown.png

ここでも最多数となったのは白黒橙コントロールでした。
しかし、2番手のデッキは酒場デッキから騎士デッキへと変化しました。
これは構築済みデッキ発売の影響が強く出ている結果といえるでしょう。

騎士デッキは白橙、白黒、白紫などの2色のものをはじめ、多色のものもあります。
まだ構築が固まっていないと言えるので、今後の進化が期待されます。
特に《駆け抜ける軍旗手》はコントロール系のデッキにも出張しており、注目です。

また、4弾環境からトップメタを走っていた《滅史の災魂 ゴズ・オム》のデッキは、
この頃にはかなり数を減らしています。
コントロールデッキといえば白黒橙というふうに集約された結果でしょう。


第5弾発売以降環境の公式イベント結果まとめ


上記、合計15会場、49デッキ分の合計です。

LCST05breakdown.png

まとめてみると、白黒橙コントロールがダントツで多いということが分かります。
Finalの決勝戦もこのデッキのミラーでしたので、第5弾環境を象徴するアーキタイプといって差し支えないでしょう。

第6弾以降、メタゲームがどう変わっていくのか楽しみです。


本日は以上です。
最近、多忙につき更新が滞っておりますが、久しぶりに書いてみました。
近々、第5弾の個々のカードを振り返る記事を書きたいと思います。

また宜しくお願いします。
スポンサーサイト

2014/11/19 LCO スピードカップ

久しぶりに出てみました。
レート上げていきたいので構築頑張ります^^


レポート


参加者 19名
使用デッキ 青紫シルヴィア

最近お気に入りのやつです。
《トウアの技術教本》でドラゴン/飛竜を“手札ぽいぽい祭だよー♪”ってして、
《龍魂の戦乙女 シルヴィア》を育てるデッキです。
《目覚めし雷古龍》からソウルチェンジする有名な(?)コンボも採用してますよ!


1回戦 ○
VS 橙黒青CB
後攻。相手が《アルバネスの戦士酒場》のために第1メインに展開してきたところを《電撃戦》でドーン!
そこからいいタイミングで《龍魂の戦乙女 シルヴィア》を引いてきて投げ付けて勝ち。


2回戦 ○
VS 橙紫酒場
先攻。相手が《アルバネスの戦士酒場》のために(ry
流した後の《風巡りの飛兵》が止まらず困るが、時代IIIで相打ち出来て盤石っぽい盤面。
相手がトップした《ゼノビア》で一瞬ピンチになりそうに見えて、その頃には詰め筋があって勝ち。


3回戦 ○
VS 白紫騎士(?)
先攻。デッキがよく分からないうちに勝ち。
こちらの《雷帝二世 ガイブニッツ》が強かった?


4回戦 ×
VS 白紫騎士
先攻。2回ミスって負け\(^o^)/
《白輝の鼓舞》が透けててケア出来たのにケチったのと、コンボ2セット目を安易に捨てた\(^o^)/


5回戦 ○
BYE


結果4-1(BYE込み)で4位でした。
今回は相手がこちらの動きを分かってないことが多くて、それで結構お得だったかなと思います。

【デッキレシピ】青紫オーラ剣士―進撃のソート

今シーズンよく使っていたデッキの紹介です。
《嵐の進撃》デッキはネタバレすると厳しくなることを身を持って体験した気がします(・_・;)


デッキレシピ


shingeki01.png

35 ユニット
3 《疾風の弓使い》
3 《出雲阿国》
3 《掠めとりの海賊》
1 《コロンブス》
2 《トモエ》

3 《新月の武者巫女 ミズキ》
3 《不退転の刃》
3 《ゼノビア》
2 《雷破の弓姫 リフィット》
2 《メアリー・リード》

1 《水撃の刃 カミナギ》
2 《皇護の刃 イズルハ》
2 《シャドウスイーパー》
2 《海風の皇子 テイハ》

3 《ハンニバル・バルカ》

12 スペル
3 《嵐の進撃》
3 《凍結》
3 《雷素の励起》
3 《覇仙術の抜け穴》

3 ヒストリー
3 《ゼフィロンの野営地》

☆Stats
勢力 紫:青=20:30
CA 3:2:1=15:30:5


デッキ解説


5弾環境中盤から流行りはじめた青紫オーラ剣士デッキの一種です。
とはいえ、よくある青タッチ紫の構築とは異なり、《ゼノビア》などの強力な紫ダブルシンボルも採用しています。

序盤からユニットを展開して攻撃していき、時代IIIになったら・・・

shingeki02.png

オーラ+《嵐の進撃》

《シャドウスイーパー》+《嵐の進撃》

などでゲームを決めるデッキになっています。


本日は以上です。

2014/11/15 ワークプラザ岐阜 ツアー岐阜

自分としては今シーズン最後のツアー参戦してきました!


レポート


チーム編成
A ひこにゃんさん 紫単雷力師
B ユアサさん 白黒橙コントロール
C みつい 青紫シルヴィア

ユアサさんの声掛けのもと、関東勢に混ざる形で。
多くのチームが白黒橙などのコントロール1人+ビートダウン2人になると予想して、
全員がビートダウンに勝てる形の構築を目指しました。


1回戦 チーム× 個人×
VS 紫単雷力師
後攻。ブン回られて即死。
《トウアの技術教本》で《目覚めし雷古龍》探したけど見付からなかった><


2回戦 チーム△ 個人△
VS アリオン
後攻。序盤、透けてる《因果断ちの一閃》に《目覚めし雷古龍》を突っ込ませるしかない展開で厳しい。
しかしその後の相手の引きも微妙でギリギリで持ちこたえて、引き分け。


3回戦 チーム○ 個人○
VS ほぼ紫単雷力師タッチ《第三界の波濤巫女 エン・ハ》
先攻。捌いていって《龍魂の戦乙女 シルヴィア》3パンチで勝ち。


4回戦 チーム○ 個人○
VS 橙紫酒場
先攻。《龍魂の戦乙女 シルヴィア》+《目覚めし雷古龍》で盤面流して勝ち。


5回戦 チーム○ 個人○
VS 白黒橙コントロール
先攻。序盤に相手が《龍王の厄災日》打ってから展開してきたので、こちらは《龍魂の戦乙女 シルヴィア》で応戦。
そのまま押し切って勝ち。


6回戦 チーム× 個人×
VS 青紫雷力師
後攻。お互い構え合いの展開になるが相手のCBが強く一方的にカードを稼がれる。
《目覚めし雷古龍》を全て捨ててしまうミスをしてしまい、《嵐の進撃》で負け。


結果チーム、個人共に3-2-1でした。
デッキの練り込みが足りず、後手を返すのがツラい感じでした。


ツアー戦績まとめ


個人戦
京都 青紫 2-3ドロップ
名古屋 黒橙 4-2-1
徳島 青紫 3-2-1
大阪 青紫 5-2
大津 青紫 3-3
通算 17-12-2 勝率55%

チーム戦
神戸 アリオン チーム4-2(個人5-1)
岐阜 青紫 チーム3-2-1(個人3-2-1)
通算 チーム7-4-1(個人8-3-1) チーム勝率58%(個人勝率67%)

ラスクロ難し過ぎました\(^o^)/
また頑張りたいと思います・・・

2014/11/04 LCO デイリートーナメント

今月前半はデイリートーナメントがシールド戦とのことですが、参加しました。
どちらかというと構築のほうがいいですが、そこに大会があるから・・・!笑


レポート


参加者 23名
使用デッキ 白紫青


1回戦 ×
VS 白橙青
先攻。最後、スルーすると次のターンに負けが濃厚になるアタックをスルーしてしまい、そのまま負け。
チャンプブロックしていればゲームが続いてワンチャンス生じていたので、手痛いミス。


2回戦 ○
VS 紫抜け4色
先攻。《万里の長城》を築城成功されてしまうが《クラッシャーストーム》引いてきたので割って勝利。


3回戦 ×
VS 青抜け4色
先攻。こちらが時代発展で足踏みしてしまっているうちに《エリザベート・バートリー》に殴られて負け。
時代1から2もしくは2から3のどちらか片方だけでも3ターンならよかっただけに、残念です。


結果1-2ドロップでした。
ダイス運はよかったので勝ちたかったですね><

2014/11/1 ピアザ淡海 ツアー大津

参加してきました!


レポート


参加者 52名
使用デッキ 青紫

いつものデッキです。


1回戦 ○
VS 白黒橙
先攻。相手の発展が事故り散らかして勝ち。


2回戦 ○
VS 橙紫黒酒場
先攻。《血風の狂戦士 バルカヌス》と《モンテスマ》出されて厳しいが、ギリギリ耐えて逆転勝ち。


3回戦 ○
VS アリオン
先攻。相討ち取りながら5体揃わないようにプレイして、少しずつ殴って勝ち。


4回戦 ×
VS 橙紫酒場
後攻。《血風の狂戦士 バルカヌス》から2コスト、1+2コストとブン回りで動かれて負け。
途中1枚でも無駄牌を引いてもらえてたら間に合ってたので、とても残念。


5回戦 ×
VS 白橙青
先攻。《トモエ》+《虎面の大盾 リズネル》が突破できず、グダグダしてる内にEPIC被って負け。


6回戦 ×
VS 白橙
後攻。ほぼ最速で《木下藤吉郎》から《墨俣城》を決められて、さらに最後もトップされて負け。
途中、1回早めにチャンプブロックに入っていればそれでも足りたかも知れないので、ミスかも。
相手のデッキが分からず先を読むのが難しかった。


結果3-3でした。
オポネントが高く6回戦に勝ってればトップ8だったと思うので、とても残念でした。

次は岐阜のチーム戦に参加します。
恐らくそれがラストですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。