スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/01/31 LCO デイリートーナメント

久しぶりのデイリー参加です。


レポート


参加者 20名
使用デッキ 橙紫黒

sealed_blog3.png

Sが1枚しかないが《覇王拳神 ベルカ》は全プール中でも最強の一角なのでよい感じ(笑)
橙は全て使って13枚とダブルシンボルを捻出するには心もとないが、平均的に使えるカードばかりなので採用決定。
紫は枚数が多く《立花誾千代》2枚、《ベルシ森の闇狩人》があるため是非メインとして使いたい。
自然な流れでタッチカラーに黒を選んで、なかなかよいデッキが完成。

懸念事項としてはパワー3500以上のカードが極端に少ないことが挙げられる。
これをカバーするため《剣の舞い手》2枚を擁する青も考慮したが、橙も紫も切るには惜しすぎるため変更には至らなかった。
先手であれば豊富なトリックで押し切れるはずなので、そこまで問題ではないということもある。
後は《立花誾千代》が《サンダーブレイク》や《ベルシ森の闇狩人》で焼かれないことを祈るばかり^^;


1回戦 ○
VS 紫黒橙
先攻。相手は《轟き山の勇士》スタートから3ターン目《ハシシュの暗器投げ》+《岩森の大賢者》で大幅にテンポ差を付けられてしまう。
しかし、4ターン目にトップした《ベルシ森の闇狩人》を異能で叩き付け盤面を返す。
後はゆっくりして《雲突く山脈またぎ》と《雷雲のヌエ》のサイズで押していき、《覇王拳神 ベルカ》も駆けつけて勝ち。


2回戦 ○
VS 紫黒青
先攻。《ハシシュの暗器投げ》スタートから《プラトン》で《地霊剣の闘神官》ゲットの好スタート。
さらに3ターン目には《絆の闘志》で相手のブロッカーを打ち取りつつ、《ハシシュの暗器投げ》2枚目を展開するドブン。
相手は時代Iで4枚発展してしまい、そのままワンサイドゲームで勝ち。

途中、クリックミスでブロッカーがいないのに小隊をしてしまった。反省><


3回戦 ○
VS 紫青橙
先攻。2ターン目《地霊剣の闘神官》からスタートして4ターン目に《ベルシ森の闇狩人》という先手必勝パターンの立ち上がり。
相手も《尊大な高潮乗り》などを展開し相打ちを取ってくるが、テンポ差は覆らない。
さらに《渦巻く曇天荒らし》で《ロジカの屍毒兵》を落として復活のプチコンボも決めていく。
相手は時代IIから時代IIIの発展時《サンダーブレイク》CBから《サンダーブレイク》回収でパワー2500のユニットが2体処理してくるが、それを上回る数の暴力で勝ち。


4回戦 ○
VS 紫青
先攻。相手は1ターン目《ハシシュの暗器投げ》スタートで、こちらは2ターン目の《地霊剣の闘神官》から。
手札には《覇王拳神 ベルカ》があるので、相打ちしないように立ち回りたい。
3ターン目にパワー2500を出すとテンポを取られてしまいユニットも減るので、《渦巻く曇天荒らし》で《ハシシュの暗器投げ》を処理。
相手はCAヤードが222になるが《理力の銛打ち》を展開から《ゼフィロン天空師団》回収と殺意に満ち溢れている。
さらには早出しの《ジークフリート》も出てくるが、ここで《理力の銛打ち》に《覇王拳神 ベルカ》でゲームセット。


5回戦 ○
VS 橙紫青
後攻。相手は《受け流しの波濤使い》から《地霊剣の闘神官》のスタートだが3ターン目のアクションが飛ぶ。
こちらは1ターン目こそ動きがないものの、順調に展開して発展も3ターンで成功。
ダメージレースになり、お互い《ベルシ森の闇狩人》も出し合って一進一退。
しかし相手は《幻影剣士 アスカ》を手札に持っており、そこも踏まえると不利な状況。
終盤、相手の発展失敗に賭けてフルパンし、返しにCA2がめくれて勝ち。


結果5-0で優勝でした。
今回はかなりツイていたので、勝ててハッピーです♪
スポンサーサイト

【デッキレシピ】黒青ダブルダロス―Deus ex machina

この記事では私が最近ラスクロオンラインで使用していたデッキレシピを紹介します。
《可能性の黒極神 ダロス》と《神威の抹消者 ダロス》の新旧もとい神旧ダブルダロスが共演する楽しいデッキです。

wdaros.png

また、ウィークリーミッション「コスト6以上のユニットを累計20回戦場に配置する」を達成しやすい構築になっています。


黒青ダブルダロス―Deus ex machina


wd_deck.png

29 ユニット
3 《ザルガンの腐液飛ばし》

2 《ダークマテルの天使像》
2 《魔眼の大預言者》
3 《理法の元首 ロギナス》
3 《アルセーヌ・ルパン》
3 《クロノフォースメイデン》

2 《海里の闘将 アマツミ》
2 《理力の銛打ち》
3 《シャドウスイーパー》

3 《神威の抹消者 ダロス》
3 《可能性の黒極神 ダロス》

18 スペル
3 《神理の反転》
3 《異端の宿命》
3 《ロジカニアバインド》
3 《呪殺》
1 《縫合再生術》
3 《暗殺》
2 《ロジカの幻灯術》

3 ヒストリー
3 《未来からの到達》

☆Stats
勢力 黒:青=41:12
CA 3:2=20:30


デッキ解説


《神威の抹消者 ダロス》の準備達成“通称:ダロスビーム”を狙うデッキです。
第5弾環境でロジカをフィーチャーしたデッキが登場し、《シャドウスイーパー》+《神威の抹消者 ダロス》が必勝パターンとなっていました。
《可能性の黒極神 ダロス》により捨て札置き場からのユニット回収が容易になったため、このコンボが成立しやすくなりました。
流行中の《龍魂の戦乙女 シルヴィア》デッキにも言えることですが、《可能性の黒極神 ダロス》はユニット同士のコンボと相性がよいですね。

序盤は大量の除去で相手の攻勢を捌きつつ、コンボの準備を整えていきます。
よく見かける《霊界つなぎの巫女 シャクト》デッキは《ロジカニアバインド》等の除去の連打でなんとかなることも多いです。
捨て札置き場や時代マーカーの枚数が増えるほど有利になっていくため、長期戦を目指していきましょう。
このデッキでは勢力黒のカードが41枚も入っているため、《可能性の黒極神 ダロス》が捨て札置き場に落ちてしまえば複数回アビリティを使うことが出来ます。

前述のダロスビーム以外のコンボも採用しています。
それは《理力の銛打ち》+《理法の元首 ロギナス》です。
《理法の元首 ロギナス》は時代IVの時に発展時効果がありますが、《理力の銛打ち》のアビリティで簡単に使用することが出来ます。
捨て札置き場が増えやすいデッキということもあり、一気にユニット展開が出来るので気持ちいいです(笑)

こだわりポイントとしては、CA3が20枚入っている点が挙げられます。
やはり時代マーカーが増えるメリットが大きいデッキですし、発展はスムーズにしたいですからね。
超強いというわけではないですが、トップメタのデッキとも戦えて楽しく回せる仕上がりになったと思います。


使用理由―ウィークリーミッション


achieve_1502.png

このデッキを使おうと思った理由、それはウィークリーミッションでした。
今週の私のゴールドは「コスト6以上のユニットを累計20回戦場に配置する」です。
コスト6以上のユニットは普通にしていると何度も配置するものではないため、達成するには専用デッキが必要でした。
このデッキでは《クロノフォースメイデン》、《神威の抹消者 ダロス》、《可能性の黒極神 ダロス》の3種類が該当しますので、効率よくアチーブメントを稼ぐことが出来ます。

ところで、このミッションには落とし穴がありまして・・・。
《未来からの到達》発展時効果や《斉天大聖》再配置効果などのアビリティによる配置だとカウントされないようです。
さらには《百の騎士長 ドゥース》ソウルチェンジなどもノーカウントです。
ただし、《クロノフォースメイデン》や《可能性の黒極神 ダロス》等のコストが減る効果は通常通りアチーブメントを稼げます。
謎仕様ですので、チャレンジされる方はお気を付けくださいm(__)m


本日は以上です。

2015/01/25 LCO デイリートーナメント

今週末はオンライン版の全国大会でしたね!
まだ対戦の模様は見てないのですが、ニコ生タイムシフトを見るのが楽しみです。


レポート


参加者 23名
使用デッキ 紫青橙

sealed_blog2.png

強いSがなくて残念プール気味だが、Rは《立花誾千代》2枚が目を引く。
その他《奇襲する先遣隊》や《ベルシ森の闇狩人》など優秀なカードもあるため、紫は1番使いたい勢力である。
橙も《鬼神酒の大族長 ジルオーラ》や《道開きし拳闘団》は優秀だが、シングルシンボル出ればOKなので3色目(タッチ)で採用。
となれば、2色目を決めたいところで、候補は白と青。
《シルバータイガー》5枚でCA3が安定する白、時代操作《神下りの異風》コンボが狙えそうな青、どちらも悪くない。
色々と検討して、平均的に強いカードが多い青に決めた。
紫青橙では2コストが少ないのが心配だが、マリガンして強引に引く方がまだ勝てそうと判断した。


1回戦 ○
不戦勝


2回戦 ○
VS 青紫
先攻。マリガン後2ターン目に出すものがないが、3ターン発展してギリギリセーフ。
しかし相手から《奇襲する先遣隊》が出てきて、若干押され気味の展開。
《立花誾千代》を2枚引いたので、盤面を上手く誤魔化しつつ時代IIIまで耐える。
相手は《ゼフィロン天空師団》を連打してくるが、こちらも3500で相打ちしていく。
概ね有利そうな状況になったところで、ダメ押し《白波海の神竜》トップで勝ち。


3回戦 ×
VS 紫黒
後攻。相手1ターン目《ハシシュの暗器投げ》、2ターン目《シューベルト》の最強ムーブ\(^o^)/
《シューベルト》放置するとそのまま負けるので、泣く泣く《渦巻く曇天荒らし》で除去。
しかし発展時に《風刃写し》キャッチ&《ロジカの屍毒兵》落としの鬼畜モードで、《ベルシ森の闇狩人》まで異能で追加されれば投了するしかないw


4回戦 ○
VS 橙紫
後攻。《剣山の鷹匠》からスタートして2コストユニットを連打してくる相手。
こちらも順調に展開して《道開きし拳闘団》から《尊大な高潮乗り》の動き。
さらに《理力の銛打ち》を追加して盤面を固めていくが、《絆の闘志》持ってそうなアタックを仕掛けられる。
適当に使ってもらいつつ、ダメージレースをしているとCAヤードに《ジークフリート》の姿が。
《ジークフリート》といえば今弾でも屈指の強Sなので、まともに戦うと勝てない><
そこで・・・!
《雷雲のヌエ》を握りしめて、ワンチャン素通りプラン(笑)を狙う。
これが成功して勝ち。


5回戦 ×
VS 橙紫黒
先攻。2ターン目に動けず、3ターン目《立花誾千代》に《ロジカの屍毒兵》を合わせられる残念なスタート。
発展せず第2メインまで進むプランも考えたが、テンポを大事にして《風刃写し》で攻撃。
とはいえ、スムーズに展開出来ていない分で厳しいダメージレースになっていく。
《ジークフリート》まで追加されて、《神下りの異風》でワンチャンスを狙ってみるが噛み合わず負け。


結果3-2でした。

流石に2コストがデッキに少なかったというのが反省点です。
デッキパワーと安定性どちらを求めるのか、環境や狙う勝ち数によっても変わると思います。
デイリーは5-0以外でもプライズがあるので、もう少し安定志向でもいいのかも。

2015/01/21 LCO デイリートーナメント

今日は珍しくレンタルシールドの記事です。


レポート


参加者 17人
使用デッキ 青紫白

sealed_blog.png

Sはないけどレンタルシールドだから痛くない(震え声)
《新世の導き》や《時使いの長 オルケン》があって時代操作が噛み合いそうな青は最初に決定。
次に《立花誾千代》、《砕嵐の大精霊》、《雷雲のヌエ》など優秀なダブルシンボルが多い紫を採用。
タッチカラーは白と黒が橙の背くらべで、《ヴァイスシューター》2枚を評価して白。
このままでは時代操作の噛み合いがあまりないが、異能持ち2コストは時代IIIからパワーが上がるので積極的にタッチ。
色々書いたがイマイチ締まりのない、ちょっと間抜けなデッキ(笑)


1回戦 ○
VS 紫青橙
後攻。相手は序盤から《飛沫の踊り手》や《地霊聖廟の番人》を絡めた攻撃。
ダメージレースする展開から《新世の導き》+《神下りの異風》で時代IIIになる前に勝ち。


2回戦 ×
VS 紫黒青
先攻。押してるところから《ジークフリート》&《天雷の竜騎神 イェルズ》出て負け。
《ヴァイスシューター》2枚でしばらく耐えたけど無理なものは無理。


3回戦 ○
VS 白黒青
先攻。《神化の天導門》CBで《光継の神龍王 ラ・ズー》取られたので発展時に《神誕の宴》取って、後は流れで勝ち。


4回戦 ×
VS 橙紫青黒
後攻。先後の差で押され気味だが《ベルシ森の闇狩人》でイーブンの盤面まで。
と思っていたら《蒼世の女剣神 イズルハ》出てきて、リソース注ぎ込んで倒す。
ジリ貧になってしまったところに《雷雲のヌエ》連打されて負け。


結果2-2でした。
結構集中してプレイ出来たと思うので、そこはよかったです。
レアに負けるのは仕方ない(笑)

2015/01/20 LCO デイリートーナメント

レポート


参加者 19名
使用デッキ 橙紫焼栗

《幻影剣士 アスカ》デッキを調整してたのですが間に合わず><
青は抜きました(ブログのタイトルは見ないでください)


1回戦 ○
VS 青紫
後攻。相手の展開が《覇力の見習い剣士》、《受け流しの波濤使い》だったので、2ターン目《風雷拳士 ファルトー》着地で牽制。
《クレオパトラ》を追加されるが、返し《アルバネスの戦士酒場》からチャンプを迫る。
そのまま《ゼフィロンの翔空隊》、《雷帝二世 ガイブニッツ》と出して盤面制圧して勝ち。

余談だが、1回戦知り合いと当たりそうな予感がしてて、本当に当たって面白かったw


2回戦 ○
VS アリオン
後攻。相手は2ターン目の《アリオンの巫女》から《慈光塔の番人》公開のスタート。
こちらは《霊界つなぎの巫女 シャクト》から《ゼフィロンの翔空隊》、《ハシシュの暗器投げ》などを展開していく。
《白エルフの義勇兵》SBから勇猛アタックを2ターン連続でされてしまい厳しかったが、こちらも《雷帝二世 ガイブニッツ》を追加して反撃開始。
殴り返しでライフ3まで落ちてしまうものの、《天雷の竜騎神 イェルズ》降臨で相手の盤面を更地にして勝負あり。


3回戦 ×
VS 白青
後攻。《血風の狂戦士 バルカヌス》、《轟き山の勇士》と展開してビートダウン。
相手は《竜吉公主》から《時使いの長 オルケン》、《第四界の聖光士 ヴェス》と並べてくる。
3000ラインを《アルテミス》と《轟き山の勇士》のパンプで牽制してアタックを継続し、ライフを詰めていく。
そこから1手ミスったこともありライフ2点残った状態から《慈光の聖者 トエト》出て負け。

ミスは相手ターンに《アルテミス》+《ハシシュの暗器投げ》で《時使いの長 オルケン》落とすプランの見落とし。
直前にハンド0から《霊界つなぎの巫女 シャクト》で《アルバネスの戦士酒場》めくって冷静さを欠いたのがよくなかった。


4回戦 ×
VS 橙紫
先攻。《血風の狂戦士 バルカヌス》に《血風の狂戦士 バルカヌス》を合わせられるスタートで、返しにアタックするか少考。
相手の《アルバネスの戦士酒場》とか継承神をケアして交換しにいく。
すると相手《血風の狂戦士 バルカヌス》CBから《ゼフィロンの翔空隊》、《雷帝二世 ガイブニッツ》と裏目に出てしまい盤面崩壊。
CAヤードに《天雷の竜騎神 イェルズ》見えたところで投了。


結果2-2でした。
いい勉強になったと思います><

2015/01/17 IMYホール 全国大会エリアトライアル東海

今回の全国予選は遠征可能ということで名古屋まで足を伸ばしました!


レポート


参加者 36人
使用デッキ 黒紫ダロス―RX-0

白橙シャクトでもよかったですが、諸事情でこちら。


1回戦 ×
VS 白青
先攻。時代Iで《黒太子 ガイ・ヴァ・ナム》CBをスカってしまう厳しいスタート。
《ザルガンの腐液飛ばし》でチクチク殴っていくと、相手からは《聖女教皇 ファムナス》が出てきて《暗殺》を打つ。
続く《天翼の銀騎士 エスメル》が除去できずに残ってしまい、《時使いの長 オルケン》が処理できない。
仕方なく相手ターンに《雷流術》を打とうと構えれば、《時使いの長 オルケン》CBでプラン崩壊。
好き放題されてしまい《竜吉公主》オーラアタックで負け。


2回戦 ×
VS 青紫白
先攻。再び時代Iで《黒太子 ガイ・ヴァ・ナム》CBをしてしまい、なかなか時代が発展しない。
相手からは《青魔鋼の剣士》や《蒼世の女剣神 イズルハ》などのオーラユニットが展開される。
こちらは墓地こそ増えるものの《龍魂の戦乙女 シルヴィア》コンボが揃わず厳しい。
オーラに対抗するため《黒太子 ガイ・ヴァ・ナム》は出してみるものの、ブロッカーは《蒼世の女剣神 イズルハ》でワイプからの《蒼眞の剣華 ミスルギ》CBで処理され頭数を用意出来ない。
そのままアタック止まらず負け。


結果0-2ドロップでした。
当日これだけ運が悪いと事前準備が無駄になるので悲しいですね。
しかし、自分に幸運が巡ってくることもあるでしょうし、次もしっかり練習して臨みたいです。


おまけ☆収穫祭レポート


予選終了後、そのまま一泊して収穫祭に参加しました。


午前中は宝珠争奪戦にチャレンジ。
デッキは白橙シャクトを使いました。
同系、黒紫ダロスなどに勝って、橙青紫に負けて、5勝1敗でスタンプMAXになりました。

会場には《霊界つなぎの巫女 シャクト》系のデッキが多かったように思います。
流行ですし、やはりゲームが効率よく回せるのが人気の理由かな?
実際、私も会場で1,2番目くらいにスタンプMAXになった気がしますw


午後からは、かみやんさん、ひこにゃんさん、ぱっつぁんさん、私で6弾ドラフトをしました。
半分がツアー優勝者なので気が抜けませんw

デッキは紫青橙をピックしました。
紫18枚くらいで《雷拳将 ラル・バド》1枚&《神秘の雷鳴》2枚も使える仕様です(`・ω・´)
《奇襲する先遣隊》や《道開きし拳闘団》も複数枚あり結構強そうでした。

1回戦ひこにゃんさんの《幻影剣士 アスカ》をお供ごと《神秘の雷鳴》で焼き払い勝利。
2回戦ぱっつぁんさんとの長期戦を《氷結の神巫》時代IV効果で制して勝利。
というわけで、2-0でした。


週末を通して、普段は会わない友人たちとも交流でき楽しかったです。
結果も伴えば言うことはなかったですが、また頑張ろうという気持ちになれました。


トレードリスト


現在、プレミアムカードを収集中ですので、ご協力をお願いしますm(__)m
新弾Sやプレミアム等も提供可能です!
トレードリ
スト

2015/01/13 LCO デイリーイベント

今夜もデイリー参加です♪


レポート


参加者 32名
使用デッキ 橙紫シャクト―ガイラント×ゼフィロン合コン

どこかで聞いたようなデッキですが、一応は新作です。
《霊界つなぎの巫女 シャクト》を使ったデッキミラーで有利そうな構築にしてます。

今日、本当に有利か確かめる・・・!笑


1回戦 ○
VS 橙単シャクト
先攻。《ハシシュの暗器投げ》から《ゼフィロンの早風切り》走らせようと思っていると、相手も《アルバネス襲撃隊》を出してくる。
時代Iで《勇気の風翼 シールカ》がめくれたので、《雷帝二世 ガイブニッツ》を出して突撃。
焼き尽くせー!ってやってるうちに盤面5:0になって勝ち。


2回戦 ×
VS 橙黒青CB
先攻。《轟き山の勇士》でスタートするが返しに《蒼眞の剣華 ミスルギ》CBで悲しい。
さらに《風雷拳士 ファルトー》を送り出すが、相手ターン《血風の狂戦士 バルカヌス》CBで止まってしまう。
頼みの《雷帝二世 ガイブニッツ》も手札に《蒼眞の剣華 ミスルギ》を持たれていて処理される。
何かCBしないとキツいなと思っていたが何もCBせず負け。


3回戦 ○
VS 黒白ダロス
後攻。《霊界つなぎの巫女 シャクト》スタートにエンド《ロジカニアバインド》で悲しみ。
そういえば最近は標準装備になってますね、《ロジカニアバインド》ってカード^^;
しかし2枚目の《霊界つなぎの巫女 シャクト》がCBによって3枚目の《霊界つなぎの巫女 シャクト》を連れてくる。
相手も《木花咲耶姫》で対抗してくるが、《天雷の竜騎神 イェルズ》が火を吹いて毎ターン2ドローモードに。
そのまま押し切って勝ち。


4回戦 ×
VS 白橙シャクト
後攻。相手《轟き山の勇士》スタートに、こちら《霊界つなぎの巫女 シャクト》で返す。
白SS置かないで・・・! 置かれた><
《ドン・キホーテ》出さないで・・・! 出されなかった^^
というドキドキ☆ドンキタイムを経た4ターン目、相手CA6から《霊界つなぎの巫女 シャクト》CB発動。
さらに《地の賢人 ティータ》配置から発展時効果で3体展開\(^o^)/
こちら《雷帝二世 ガイブニッツ》のおかげで抵抗は出来ているので、あいつさえこなければワンチャンある。
そう、《覇王拳神 ベルカ》さえ来なければっ!
こないでこないでこないでこないで・・・《覇王拳神 ベルカ》キタ━(゚∀゚)━!
負け。


結果2-2でした。
そんなにミラー強くないことがわかりました。
悲しいですけど、一つ賢くなったと思います←

2015/01/10 LCO オンライン最終予選

ニコニコ本社で開催されるオンライン全国大会に出場するチャンス!
ということで参加しました。


レポート


参加者 30名
使用デッキ 黒紫ドレッジ-RX-0

まさかの定員割れ(笑)
昨夜のデイリーと同じレシピです。


1回戦 ○
VS 橙単
先攻。《呪殺》や《雷流術》を打ちながら墓地を増やしていく好スタート。
相手も《アルバネスの戦士酒場》を2枚貼ってライフを攻めてくるが、《可能性の黒極神 ダロス》を出してストップ。
ユニットを一通り捌いたところで《可能性の黒極神 ダロス》でアタックしはじめる。
後は《菅原道真》が通り道を開けて勝ち。

最後、詰め方が雑で逆転の目を残してしまったので反省。
《アルバネスの戦士酒場》2枚は頓死の可能性があるので注意ですね><


2回戦 ×
VS 黒紫青
後攻。《異端の宿命》から《可能性の黒極神 ダロス》が落ちる相手に対して、こちらはマリガンしてもデッキを掘るカードを引かないスタート。
《廃都の生き残り》CBで手札にスペルが腐ってるのを確認されてからの《廃都の生き残り》連打で厳しい。
《盗賊王 ギルスティン》も入っていてハンデス多めのようだったので、手札を使い切ってプレイしていく。
中盤、墓地に《可能性の黒極神 ダロス》を落とすことが出来たので、《龍魂の戦乙女 シルヴィア》を走らせるタイミングを見計らっていると・・・。
《目覚めし雷古龍》がCBしたので、すかさず盤面を流して攻守逆転!
《龍魂の戦乙女 シルヴィア》と《黒太子 ガイ・ヴァ・ナム》を並べてビートダウンしていき、相手はチャンプブロックで希望を繋ぐ展開。
相手の場に《竜吉公主》、CAヤードに《嵐の進撃》があるのが気掛かりだが、概ね優勢で相手ライフ1。
トップデッキで3コスト以下かつATK3のカードを引かれなければ勝てそうというところで・・・。

ラストターン、引かれたのは《黒太子 ガイ・ヴァ・ナム》で20あったライフが消し飛びゲームセット。


3回戦 ○
VS 青黒
後攻。マリガン後の手札がオール紫で《ブロンズドラゴン・パピー》からスタート。
相手は《ジャック・ザ・リッパー》を出してきて、裏目を引いてしまった感じになる。
しかし《ブロンズドラゴン・パピー》に《カオスバニッシュ》が飛んできて、裏目とは何だったのか状態に。
その後、《理力の銛打ち》を出して構えるだけの相手を適当に殴って勝ち。


4回戦 ×
VS 白橙
後攻。相手は《祈りの護衛士 アルル》から《アルバネスの戦士酒場》、《駆け抜ける軍旗手》と動いてくる。
こちらは《ザルガンの腐液飛ばし》、《魔眼の大預言者》で墓地を増やしていくが、なかなかブロック出来ない。
さらに《鬼神酒の大族長 ジルオーラ》を追加されてしまい、《目覚めし雷古龍》プランが厳しくなる。
《渦巻く曇天荒らし》で《鬼神酒の大族長 ジルオーラ》は除去するものの、《百の騎士長 ドゥース》に走られて瀕死の状態となる。
そこから《ガウェイン》をトップされて《百の騎士長 ドゥース》が死ななくなるが、仕方なく《龍魂の戦乙女 シルヴィア》着地。
返しのターン、さらに《ドン・キホーテ》をトップされ《龍魂の戦乙女 シルヴィア》は《百の騎士長 ドゥース》と相討って退場。
その後も相手のトップが続きジリ貧になって負け。


5回戦 ○
VS 黒紫
後攻。お互い爆速で墓地が増えるスタートで、相手からは《可能性の黒極神 ダロス》が出てくる。
こちらは《可能性の黒極神 ダロス》は引けないが、手札で《龍魂の戦乙女 シルヴィア》と《目覚めし雷古龍》が揃う。
《目覚めし雷古龍》先出しで相手が構えたところに、《黒太子 ガイ・ヴァ・ナム》着地から安全にソウルチェンジでアタック。
相手もブロッカーとして《龍魂の戦乙女 シルヴィア》を出してくるが、相討ちから盤面押していって勝ち。


結果3-2でプレイオフ残れずでした。残念。
デッキもプレイも大きなミスはなかったと思いますが、ミス0個を目指して頑張りたいです。

2015/01/09 LCO デイリートーナメント

久しぶりのレポートです。
実は先週も1回デイリー参加してたのですが、新年初0-2ドロップをキメてしまいました\(^o^)/
その時に使ってたデッキは《第四界の聖光士 ヴェス》、《聖女教皇 ファムナス》、《予兆の姫巫女 イルミナ》が入った、ファンデッキのような紙束でした←


レポート


参加者 19名
使用デッキ 黒紫《可能性の黒極神 ダロス》《龍魂の戦乙女 シルヴィア》

流行デッキで参加です^^


1回戦 ○
VS 紫単
先攻。《ザルガンの腐液飛ばし》を出して《可能性の黒極神 ダロス》に繋げる動きでスタート。
相手は《ゼフィロンの野営地》から《アッティラ》で殴るプランだが、《アルテミス》や《ハンニバル・バルカ》のCBで中々ブロックにいけない。
ライフが一桁になって危ないところだったが、《黒太子 ガイ・ヴァ・ナム》で速攻を止めて一安心。
からの、《龍魂の戦乙女 シルヴィア》コンボを決めて相手ライフ13点を削りきって勝ち。


2回戦 ×
VS 紫青
後攻。《ゼフィロンの野営地》から《ミノタウロスの遊撃手》、《新月の武者巫女 ミズキ》などで殴られるスタート。
こちらは《ブロンズドラゴン・パピー》や《ザルガンの腐液飛ばし》で相打ちしていく。
ブロッカーとして《可能性の黒極神 ダロス》を着地させるが、《凍結》&《凍結》CBで2回寝かされて負け。
どういうゲームプランにすればいいか分からなかったので、もうちょっと練習が必要><


3回戦 ○
VS 橙紫
後攻。《異端の宿命》から《ザルガンの腐液飛ばし》、《魔眼の大預言者》でドンドン墓地を増やしていく好スタート。
一方、相手は《アルバネスの戦士酒場》なしの《赤熊酒場の用心棒》スタートでイマイチな動き。
《可能性の黒極神 ダロス》と《菅原道真》が早期に揃ったので、盤面お掃除の鬼となって勝ち。


4回戦 ○
VS 橙単
先攻。除去大量ハンドでまったりスタートするが、相手の《鬼神酒の大族長 ジルオーラ》がツラい。
相手は小粒ユニット連打から《岩肌の見張り番》、そして《覇王拳神 ベルカ》と強い動き。
《黒太子 ガイ・ヴァ・ナム》から盤面流しに行こうとするが、《ブーディカ》が走ってきてかなりピンチ。
しかし、ターンが返ってきたので無事《龍魂の戦乙女 シルヴィア》が走って勝ち。


5回戦 ○
VS 白青黒
先攻。時代Iでまさかの5枚発展をしてしまう、いいのだか悪いのだか謎な立ち上がり。
相手は《闇の全知者 ヴァイヤ》から《アルセーヌ・ルパン》、《慈光の聖者 トエト》、《木花咲耶姫》、《天剣の騎士長 レネット》など大量展開。
《因果断ちの一閃》があるため、《菅原道真》でコツコツとユニットを処理していく。
さらに、相手の隙を突いて《龍魂の戦乙女 シルヴィア》を投げ込み勝ち。


結果4-1で3位でした。
シャキッとしない負け方をしてしまったので、もうちょっと練習したいですね。

【デッキレシピ】ゴズオムCB―ヴァリサ大喜利

今回の記事ではラスクロオンラインでしばらく使っていたデッキを紹介したいと思います!

オンラインをプレイされている方はご存知かと思いますが、しばらく前に「ウィークリーミッション」が実装されました。
これは1週間以内にある目標を達成するとチケットやパックが貰えるお得な機能となっています。
(参考 『ラストクロニクルオンライン』ウィークリーミッションのテスト実装について

今回、自分のゴールド目標は「CBを累計200回発動させる」でした。
折角なのでチャレンジしてみようと、使っていたデッキは↓のようなものでした。


ゴズオムCB―ヴァリサ大喜利


varisa01.png

47 ユニット
3 《血風の狂戦士 バルカヌス》
3 《流浪のドルイド》
3 《九天玄女》
3 《霊界つなぎの巫女 シャクト》
3 《懇願するエルフ》
3 《星銀の勇将ヴァリサ》
3 《黒暦の司》
3 《魔鋼の機人 ゼノ》
3 《開眼する修行僧》
3 《予兆の姫巫女 イルミナ》

3 《木花咲耶姫》

2 《黒太子 ガイ・ヴァ・ナム》
3 《リチャード獅子心王》
3 《第三界の波濤巫女 エン・ハ》
3 《滅史の災魂 ゴズ・オム》

3 《ハンニバル・バルカ》

3 スペル
3 《神魂狩り》

☆Stats
勢力 白:橙:紫:黒:青=18:15:6:14:12
CA 3:2:1:0=0:21:26:3
CB 47


デッキ解説


まず、このデッキを使うにあたって参考にしたのが次のデッキレシピです。
クロノバーストゴズオム [アチーブメント]

友人のてなーくんが「CB200回」にチャレンジした時のデッキです(`・ω・´)
ここから《マリー・アントワネット》と《廃都の生き残り》と《皇護の刃 イズルハ》を抜いて、《木花咲耶姫》増量&《星銀の勇将ヴァリサ》、《神魂狩り》にしています。
サクッと回して次々に対戦していきたかったので、よりビートダウンっぽく組み替えました。

《星銀の勇将ヴァリサ》のために白ダブルシンボルが必要なので、気持ち勢力白のカードが多めになってます。
増量した《木花咲耶姫》とも相性のよい《皇護の刃 イズルハ》ですが、色バランス&序盤の打点のために泣く泣くオミットしました(`;ω;´)

《星銀の勇将ヴァリサ》はあまり使われていないですが、攻守ともに活躍してくれるナイスなカードです。
使うコツとして、相手のCAヤードがCA5やCA6の時に出すのがよいでしょう。
このタイミングであればデメリットを小さくすることが出来ます。
しかし、使ってると何かと面白いことが起きるカードでもあるので、実際に起きた“事件”をまとめてみました(笑)


てんてけてけてけ♪てんてん♪


varisa.png

以下、大喜利風ですが全て実話です。

桂ス クロ丸「ラスクロオンラインではウィークリーミッションが実装されてランダム対戦が盛り上がっています。《星銀の勇将ヴァリサ》はCB200回達成の強い味方。でも、いつも活躍するとは限らないんです。そこで皆さんにはこんな《星銀の勇将ヴァリサ》は嫌だというのを答えてもらいます」

(・ω・ )/
「相手がCA6だったから、シメシメと思って《星銀の勇将ヴァリサ》を出したんです。そしたら《血風の狂戦士 バルカヌス》が出てきましたよ」

(・ω・ )/
「CAチェックで《星銀の勇将ヴァリサ》がめくれたので、発動したんです。そしたら《魔鋼の機人 ゼノ》がめくれて、もう1回《星銀の勇将ヴァリサ》がめくれました。相手は1ターンで発展しましたよ」

(・ω・ )/
「またCAチェックで《星銀の勇将ヴァリサ》がめくれたんですが、相手はCA5だったのでドヤ顔で発動したんです。そしたら《木花咲耶姫》がめくれて自分のターンが飛びましたよ!

---
このように、《星銀の勇将ヴァリサ》は稀に酷い目に合うカードでもあります(・_・;)
もし、このブログを見てくださってる方で被害報告があれば、是非コメントなり会った時なりに教えてください(笑)


ウィークリーミッションの結果は!?


さて、このデッキを使って「CB200回」は達成出来たのでしょうか。
結果はご覧のとおりです♪

varisa02.png

しかも、ただ達成するだけでなく結構勝てました!
《星銀の勇将ヴァリサ》、《木花咲耶姫》、《霊界つなぎの巫女 シャクト》、《黒太子 ガイ・ヴァ・ナム》といった新弾Sはどれも大活躍でしたよ^^

今後も面白そうな「ウィークリーミッション」にはチャレンジしていきたいですね。
本日は以上です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。