スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/02/22 此花区民ホール 全国大会エリアトライアル近畿

参加してきました。


レポート


参加者 81名
使用デッキ 白橙騎士―魂ウラ☆ナイト

デッキについては前の記事を参照してください。
会場の席数80だったので、ジャストでしたねw


1回戦 ○
VS 黒紫ダロス
後攻。相手3ターン目《黒太子 ガイ・ヴァ・ナム》であまりハンドが強くなさそう。
こちらは《祈りの護衛士 アルル》と《天翼の銀騎士 エスメル》を並べる鬼畜ムーブ。
《雷流術》と《目覚めし雷古龍》+《龍魂の戦乙女 シルヴィア》は決められるものの、《関羽》が駆け抜けて勝ち。


2回戦 ○
VS 青橙オーラ
先攻。ブンブンするこちらに対して、相手は2ターン目《竜吉公主》の事故っぽい動き。
《覇王拳神 ベルカ》を出して盤面圧倒して、相手投了。


3回戦 ○
VS 白橙シャクト
先攻。《アルバネスの戦士酒場》+《ドン・キホーテ》を決めると、相手も同じ動きで返してくるミラーらしい展開。
さらに2枚目の《アルバネスの戦士酒場》を貼られてしまい、ダメージレースが難しくなる。
お互い《百の騎士長 ドゥース》を警戒しながら、ちまちま殴りあっていく。
エクストラターンに入って、こちらが先に時代IIIに発展したので、《関羽》走らせて勝ち。

盤面複雑になってしまったが、それでももっと速くプレイ出来るようにしたいなと思った。


4回戦 ○
VS 青橙オーラ
先攻。相手が序盤橙単になってしまっており、動きがキツそう。
こちらは順調に展開していき、《覇王拳神 ベルカ》も着地。
そのまま押し切り勝ち。


5回戦 ○
VS 白橙シャクト
後攻。《血風の狂戦士 バルカヌス》スタートの相手に《霊界つなぎの巫女 シャクト》で返す。
相手の2ターン目《ドン・キホーテ》を出されて《霊界つなぎの巫女 シャクト》が退場してしまうが、こちらは《血風の狂戦士 バルカヌス》CBで不利ながらギリギリ耐える。
お互い《霊界つなぎの巫女 シャクト》を出して、ユニットの並べ合いになる。
先に《覇王拳神 ベルカ》を着地させて少し有利になり、《ドン・キホーテ》も追加してマウントを取り返していく。
相手からも《覇王拳神 ベルカ》が出てくるが、先に時代IIIになり《天剣の騎士長 レネット》で押し込んで勝ち。


6回戦 ○
VS 白黒青コントロール
後攻。黒SS構えの相手に《血風の狂戦士 バルカヌス》出して《ロジカニアバインド》されるキツいスタート。
ここは《アルバネスの戦士酒場》から入ってもよかったかもで、まだ正解を考えてる。
相手は《駆け抜ける軍旗手》、《ドン・キホーテ》で着実にアドバンテージを獲得してくる。
こちらも《駆け抜ける軍旗手》や《霊界つなぎの巫女 シャクト》でカードを稼ぎつつ盤面を構築しにいく。
《覇王拳神 ベルカ》を着地させ、サイズで押しつつ《ドン・キホーテ》で《慈光の聖者 トエト》を排除。
最後はギリギリのダメージレースを制して勝ち。


7回戦 ○
VS 白黒ダロス
先攻。《霊界つなぎの巫女 シャクト》からユニット連打のこちらに対して、相手は《呪殺》、《木花咲耶姫》で対応。
《鬼神酒の大族長 ジルオーラ》で《龍王の厄災日》の脅威を排除しつつ、どんどんユニットを並べていく。
《目くらましの聖霊》や《百の騎士長 ドゥース》で打点を詰めていき、そのまま勝ち。


結果7-0で優勝でした。
今回のエリアトライアルでは名古屋で辛い思いをしましたが、権利獲得出来てよかったです。
全国でも頑張りたいですね。


本日は以上です。
スポンサーサイト

【デッキレシピ】白橙騎士―魂ウラ☆ナイト

先日行われたエリアトライアル近畿大会で使ったデッキを紹介します。


白橙騎士―魂ウラ☆ナイト


uraknight.jpg

47 ユニット
3 《目くらましの聖霊》
3 《団結の見習い騎士》
3 《血風の狂戦士 バルカヌス》
3 《レッドベアー》
3 《アルバネス襲撃隊》
2 《九天玄女》
3 《轟き山の勇士》
3 《霊界つなぎの巫女 シャクト》
1 《祈りの護衛士 アルル》
3 《駆け抜ける軍旗手》
3 《ドン・キホーテ》
3 《赤熊酒場の用心棒》
1 《ブーディカ》

2 《天剣の騎士長 レネット》
3 《鬼神酒の大族長 ジルオーラ》
1 《天翼の銀騎士 エスメル》
1 《百の騎士長 ドゥース》

3 《関羽》
3 《覇王拳神 ベルカ》

3 ヒストリー
3 《アルバネスの戦士酒場》

☆Stats
勢力 白:橙=20:33
CA 3:2:1=18:24:8


デッキ解説


《霊界つなぎの巫女 シャクト》や《駆け抜ける軍旗手》といった低コストかつカードカウントで得するカードを連打して盤面を埋めていくビートダウンです。
このデッキタイプは既存のほぼ全てのデッキに有利かつ安定性が高いため使用しました。

デッキの動きは皆様よくご存知だと思いますし、細かいパーツの解説と自分語りをしますw


まずはピン刺しや、入れなかったカードについて。

《祈りの護衛士 アルル》は2コストユニット枚数の調整枠で、《駆け抜ける軍旗手》や《ドン・キホーテ》とのシナジーがそこそこ便利です。
《ブーディカ》は《アルバネスの戦士酒場》が結構流行ってるので、その対策です。
たまに《聖王子 アルシフォン》や《黒太子 ガイ・ヴァ・ナム》、《モンテスマ》に反応して酷いことになりますw
《天翼の銀騎士 エスメル》は《龍魂の戦乙女 シルヴィア》のデッキに滅茶苦茶刺さるのと、《ドン・キホーテ》と相性がいいのがよいです。
《百の剣士長 ドゥース》は後手のダメージレースをまくったり、バーン系のデッキに殺られる前に殺ったり、といった用途です。
1枚は入れておくのがオススメかもですね。

《関羽》はコントロール系のデッキに対してある程度ライフを削った後に出せると、そのまま勝てるカードです。
SSとしても是非置きたいマルチソウルですし、このレシピでは3枚にしました。
それに際してCA3を18枚と若干多めにしてますし、CA1の《九天玄女》は2枚に減らし、ある程度発展しやすく調整しました。
《天剣の騎士長 レネット》も時代IIIランプのアビリティが優秀なので、これはよかったかなと思います。

《ジャンヌ・ダルク》は白ダブルを安定して出せないため、今回は不採用です。
ただ、かなり未練はありますw
最近は《流浪のドルイド》まで入ったCB多め構築も気になっていて、試したい感じはしますね。


次に、自分語りフェイズですw

最初にこのデッキタイプに出会ったのは、かみやん氏のニコニコ生放送だったと記憶しています。
ただ、かみやん氏は青がタッチされていて時代上げるシナジーが入った形で使っていました。
当時は《霊界つなぎの巫女 シャクト》は魂石化からの《新祖迎えの霊光》と組み合わせてデッキを組んでいたので、1コスト大量の構築は新鮮でしたね。
そして、一目見てそちらのほうが理にかなっていると手のひら返ししましたw

ただ、私は純正の白橙のほうが安定性の面でメリットがあり、それはタッチのメリットよりも大きいんじゃないかなと考えました。
チーム内でこれらのことを情報共有して、Tangler氏がほぼ現在の形のレシピに仕上げてくれました。

その後、ちゅうそん君、Tangler氏、二人のチームメイトがこのデッキタイプを使って結果を残しました。
私は名古屋のエリアトライアルに黒紫《可能性の黒極神 ダロス》を持っていき、0-2ドロップしました。

・・・となれば?

自分でも使うしかないでしょ、ってことで魂を売った白橙を選択したという流れですw
他の候補は前の記事で紹介した時代アゲ☆ナイトで、実際そちらでもよかったかなという気持ちもありますね。


今回は以上です。
次の記事ではレポートを書きたいと思います。

【デッキレシピ】白紫青騎士―時代アゲ☆ナイト

この記事では私が最近ラスクロオンラインで使用していたデッキレシピを紹介します。
といっても友人のかみやん氏がブログに載せていたデッキを少しイジっただけですけど(笑)
白紫青の騎士を中心としたコンボ・ビートダウンです。

kurumin.png

ウィークリーミッション「『速攻』を持つユニットでプレイヤーに累計50回ダメージを与える。」を達成しやすい構築になっています。


白紫青騎士―時代アゲ☆ナイト


kk_deck.png

42 ユニット
3 《団結の見習い騎士》
3 《シルヴァライトの騎士》
3 《ドン・キホーテ》
1 《祈りの護衛士 アルル》
3 《駆け抜ける軍旗手》
3 《クレオパトラ》
3 《予兆の姫巫女 イルミナ》
3 《電光石火の騎士》

3 《天剣の騎士長 レネット》
2 《天翼の銀騎士 エスメル》

3 《竜吉公主》
3 《還魂の戦司祭》
3 《理力の銛打ち》
3 《第三界の波濤巫女 エン・ハ》

3 《ハンニバル・バルカ》

6 スペル
3 《嵐の進撃》
3 《新世の導き》

2 ヒストリー
2 《ゼフィロンの野営地》

☆Stats
勢力 白:紫:青=27:14:15
CA 3:2:1=14:27:9


デッキ解説


時代を発展させるか《理力の銛打ち》などで無理やり上げて《嵐の進撃》で勝つデッキです。
コンセプト自体は《嵐の進撃》が登場した2弾環境から存在しますが、第6弾では何かと強化されました。
《嵐の進撃》以外にも《天剣の騎士長 レネット》、《クレオパトラ》、《竜吉公主》あたりでも勝てるので、勝ち筋は大幅に増加しています。

自分が変えた点は《第三界の波濤巫女 エン・ハ》の追加です。
上記の通りコンボによる勝利を目指すことが多いので、《第三界の波濤巫女 エン・ハ》CBや《竜吉公主》CBで手札を整理出来ると勝ちやすくなります。
普通に手札に来て邪魔という点は問題なのですが、SSを伸ばして戦うことも多いため何とかなりました。

また、苦手な《可能性の黒極神 ダロス》&《龍魂の戦乙女 シルヴィア》デッキ対策に《天翼の銀騎士 エスメル》を増量しました。
《天翼の銀騎士 エスメル》は相手からすればマスト除去なので、出して除去されている間に強引に勝ちを目指します。


今週はこのデッキでウィークリーミッション“ゴールド”を達成出来ました。
sokko50.png

体感だと、勝つ時は4前後のアチーブメントが得られました。
チャットでアチーブメントを稼いでいる旨を伝えると、負け確定でも投了せず待ってくださる方が多かったです。
この場を借りて、お礼を言いたいですね。ありがとうございました。

あと、レポートは書いてないのですが1月のマンスリーもこのデッキで4-1して5位でした。
なので、そのうちデッキが公式に載るかも知れませんね(?)


本日は以上です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。