スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/08/29 三宮コンベンションセンター ツアー神戸

ツアー2ndシーズンに突入ということで参加してきました。


レポート


参加者 29名 スイスドロー6回戦+SE2回戦
使用デッキ 炎府の城で踊りたい


1回戦 ○
VS 青紫
後攻。結合ビートしてくる相手に《大飛空塞 炎府城》から《スウ・アの炎柱陣》と動いて盤面一掃。
相手の二の矢の《氷炎を統べる者 ゼ・オム》とすれ違いにドラゴンが走って勝ち。


2回戦 ○
VS 紫黒
先攻。《陽炎の精》スタートの相手に《服部半蔵》から《大飛空塞 炎府城》で制圧していく。
《大極風》が引けず《闘竜気法》+《ファフニール》が揃うとまずそうだったが揃わず勝ち。


3回戦 ○
VS 紫青ミラー
先攻。こちらだけ《大飛空塞 炎府城》が貼れたのでブロッカーを消しつつビートダウン。
時代IIIで《スウ・アの炎柱陣》+《紫炎流壁》で盤面流れるが、打点が詰まっていたので再展開から勝ち。

途中、出さなくてもいい《竜風拳 シオン》を出してしまうミス。もうちょっといい使い方あったはず。


4回戦 ○
VS 白橙
先攻。橙SSが引けず《アポロン》着地出来ない相手に対して《不思議の国のアリス》CB×2でテンポを取っていく。
最後は《神炎宰相 ユウファ》から突撃開始(ヤシャスィーン)して勝ち。


5回戦 ○
VS 青紫
先攻。《服部半蔵》スタートするが《赤弾の騎馬射手》と《幻惑のセイレーン》で返されてテンポが悪い。
それでもビートダウンしつつ《大飛空塞 炎府城》を設置し、相手の時代III《海難》に備える。
全部手札に返ってきてから再展開で勝ち。


6回戦 ○
VS 黒青
先攻。《ノアの方舟》+《不思議の国のアリス》コンボを決められて厳しいが、なんとかクロックをかけていく。
消耗戦になりトップ勝負のすえに《服部半蔵》が走って勝ち。

途中《地下の国のアリス》が出ているのに《不思議の国のアリス》出してしまうミス、反省。
(しかもドローしてしまったので警告><)


6-0の1位でSEへ。


SF ○
VS 青紫
先攻。《不思議の国のアリス》CBからブンブンしてくる相手を火力で捌いていく。
再び《海難》でクロックが止まったりしつつ、ビートダウンしていって勝ち。


F ○ 2-0
VS 青紫
1ゲーム目、先攻。初手完璧で《服部半蔵》からスタート。
そのまま相手のユニットを排除しつつビートダウンして勝ち。

2ゲーム目、後攻。マリガン後、序盤にやることがないハンド。
しかも相手から《ヘインドラの氷結術士》出てきて《大飛空塞 炎府城》が貼れないピンチ。
打点を貰いすぎないようにしつつ《紫炎流壁》や《スウ・アの炎柱陣》で流していき・・・
ドラゴンでビートダウンして巻き返して勝ち。


結果、全勝で優勝でした。やったぜ。
早速Finalの権利をゲットしてしまったので、チームメイトのサポートをしつつFinalに向けて精進していきたいです。


本日は以上です。
スポンサーサイト

【デッキレシピ】紫青CBビートダウン―炎府の城で踊りたい【天空構築】

ツアー神戸で使ったデッキを紹介します。


紫青CBビートダウン―炎府の城で踊りたい


odoritai.png

36 ユニット
3 《吹雪の姫神》
3 《服部半蔵》
2 《神炎宰相 ユウファ》
3 《不思議の国のアリス》

3 《覇炎の竜戦姫》
3 《竜風拳 シオン》
3 《号令を待つ翼竜》
3 《変化の幻竜将 ルゥム》
3 《忍び弓の達人 ハヤセ》
3 《地下の国のアリス》

3 《炎護の魔神 ナユガム》
3 《ヨー雪原の雪娘 セツラ》
1 《火魂を秘めし小竜》

14 そのほか
3 《大極風》
3 《紫炎流壁》
1 《吹雪の壁》
3 《スウ・アの炎柱陣》
1 《大いなる竜魂霊廟》
3 《大飛空塞 炎府城》


デッキ解説


ドラゴンによるビートダウンと《大飛空塞 炎府城》によるコントロールの二つの顔を持つデッキです。
先週行われたTOUR 1st FINALで友人のかみやん氏が使って優勝されたデッキタイプになります。

まず、今回このデッキを使った理由は以下のとおりです。
このデッキは《シャクシャイン》入りの青が濃いデッキに対して有利に戦えるため、現在の天空II環境によく合っています。
ドラゴンによるビートダウン戦略も強力なので、従来の《大飛空塞 炎府城》デッキの弱点であった火力メタを乗り越えやすいです。
これらのことから、絶対勝てないようなデッキに当たりにくいと考えて使用を決めました。

次に、FINALのレシピと異なっている点について説明します。
使用者本人にも意見をいただきながらレシピを変更しました。
《極海の宝声 アイネ》はCBが強力ではあるものの、このデッキでは戦場に出しても活躍しにくいカードでした。
また、直前の週に優勝していることで《大飛空塞 炎府城》が対策されているのではないか、という懸念がありました。
この2点から《極海の宝声 アイネ》を、よりビートダウンを強力にする《神炎宰相 ユウファ》などにしました。
実際は《大飛空塞 炎府城》対策は思ったほどされていなかったですが、ビートダウン戦略の強化という方向はデッキパワーの底上げに繋がったと思います。
あとは青SSが減ってしまった分を《ヨー雪原の雪娘 セツラ》の3枚目によって補充しました。
《烈火の竜戦士》は渋滞気味の3コスト行動で最も優先順位が低かったため入れ替えとしています。

最後になりましたが、デッキ調整に付き合ってくださった皆様、ありがとうございました。

2015/08/23 名古屋サンスカイルーム TOUR 1st FINAL

週末のあいてる時間を使ってレポート消化中です。
本日もツアー神戸に参加したので、スタック解消しても中々優先権が回ってきません(笑)


レポート


参加者 17名 スイスドロー6回戦+SE2回戦
使用デッキ Harrow,土地を数えて


1回戦 BYE


2回戦 ×
VS ミラー
後攻。《鹿角の大シャーマン》絡みで序盤から削られる。
《闘獣王 ガルバ・ベルガ》出して制圧しつつワンチャン巻き返せそうなところでミスって負け。


3回戦 ×
VS 青黒
後攻。《バステト》+《氷獄の大公主》が除去れず負け。
発展時に《魂石化の呪言》を取らなかったのがミスかも。


4回戦 ×
VS 青黒
後攻。《血の管理人 サーネリア》がずっと残って負け。
今回も除去らしきものが引けず、割と延命プレイを頑張ったが実らず。


5回戦 ○
VS シャクりシャイン
先攻。長い長いゲームの末、相手の《小氷精》が落ちていて、こちらだけオーラで殴れて勝ち。


6回戦 ○
VS 青単
後攻。めちゃくちゃブンブンして勝ち。


結果、BYE込み3-3でした。残念。
除去がなくて負けるコントロール使うくらいならビートダウンすればよかったと反省。

【デッキレシピ】橙青黒コントロール―Harrow,土地を数えて【天空構築】

Finalで使ったデッキを紹介します。


橙青黒コントロール―Harrow,土地を数えて


harrow.png

43 ユニット
1 《小氷精》
3 《吹雪の姫神》
1 《千年森の神官姫 ヨナティ》
3 《バステト》
3 《不思議の国のアリス》
3 《木枯らしの氷結士》
2 《氷獄の大公主》
1 《暗雲の海賊団》
2 《鹿角の大シャーマン》
3 《メギオンの妖精飛兵》
1 《不吉刃のオセロテ》
2 《覇力絡めの蜘蛛戦士》
3 《氷雪のグリフォンライダー》
1 《命魂の戦導姫 イオータ》
3 《地下の国のアリス》
3 《闘獣王 ガルバ・ベルガ》
3 《ゼス谷の小族長 ノノン》
2 《凍神龍 オルバーン》
3 《アポロン》

7 そのほか
3 《大極風》
1 《魂石化の呪言》
2 《ノアの方舟》
1 《氷雪の軍船 ヘインデン》


デッキ解説


《アポロン》でSSを伸ばしつつ強力なカードを叩きつけていくコントロールデッキです。
回していて楽しいデッキです()

ブン回った時はほぼ負けない動きになるのですが、振れ幅が大きいのが難点でした。
もうちょっと安定感のあるデッキを使うべきだったと思っています。

2015/08/22 ウィンクあいち TOUR 1st EVE

かなり遅くなりましたが大会レポートです。
今週は名古屋から戻ってすぐに出張&その準備で時間がなかったです(言い訳)


レポート


参加者 45名 スイスドロー6回戦+SE3回戦
使用デッキ Schwarz Katze


1回戦 ○
VS 白橙
先攻。こちら2ターン目に《九天玄女》CBして手札ダンプして4キル。


2回戦 ○
VS 橙紫青
後攻。多分、結合ビートされたけど《バステト》+《氷獄の大公主》とかで返した。失念。


3回戦 ×
VS 白黒青
後攻。そこそこ回りはよかったが、相手も何でも持ってて負け。


4回戦 ×
VS ドラゴン
先攻。マリガン後、プレイできるカードをほとんど引かず負け。練習も含めて一番悪いドローだったw


5回戦 ○
VS ドラゴン
先攻。相手コンボ揃わず勝ち。


6回戦 ○
VS ドラゴン
先攻。《彩流刀の剣姫 ミィ・リン》が刺さるが《大極風》から盤面触って勝ち。


結果4-2の10位くらい?残念。


本日は以上です。

【デッキレシピ】青橙黒グッドスタッフ―Schwarz Katze【クラシック】

EVEで使ったデッキを紹介します。


青橙黒グッドスタッフ―Schwarz Katze


gozuiro.png

47 ユニット
3 《血風の狂戦士 バルカヌス》
3 《アラモロ山岳戦士》
3 《九天玄女》
2 《轟き山の勇士》
1 《霊界つなぎの巫女 シャクト》
1 《闘志のオセロテ》
2 《小氷精》
3 《吹雪の姫神》
1 《千年森の神官姫 ヨナティ》
3 《バステト》
1 《極海の宝声 アイネ》
3 《不思議の国のアリス》
3 《木枯らしの氷結士》
3 《氷獄の大公主》
1 《漆黒のドルイド》

1 《不吉刃のオセロテ》
3 《地下の国のアリス》
2 《クロノフォースメイデン》

3 《第三界の波濤巫女 エン・ハ》
2 《滅史の災魂 ゴズ・オム》

3 《アポロン》

3 スペル
3 《大極風》


☆Stats
勢力 橙:黒:青=20:12:23
CA 3:2:1:0=9:25:14:2


デッキ解説


このブログを見ていてくださる方にはお馴染みのいつものアレですw
もしかしたら初めての方もおられるかも知れませんし、簡単に説明すると軽いユニットに結合を貼って殴るデッキです。

EVEに向けて、白青黒コントロールとビートダウン(《闘竜気法》と同系)が多い環境を想定して構築しました。
実際は白青黒コントロールは少しで、ビートダウンが多かったのかなと思います。
白青黒コントロールとの相性はほぼ先手ゲーで、ビートダウンミラーは少し有利になっています。

以下、個々のパーツについて解説します。

2 《小氷精》
いつもは1枚ですが、《禍福の熊猫》などのブロッカー無視して《アラモロ山岳戦士》通せたり、《闘竜気法》でオーラが付いてもブロック出来たり、何かと便利なので増量しました。

3 《アポロン》
初期型には入っていて、現環境で抜けて、また復活したカードです。
《完全なる眠り》に引っ掛からない高打点アタッカーが必要で、ちょうどいい感じにフィットします。

0 《呪殺》
白青黒に対して打つところが全然ないため邪魔になるのと、ビートダウン同系では《大極風》が圧倒的に強いことから抜けました。
《アラモロ山岳戦士》もあることですし、スペルは出来るだけ少なくするのがこのデッキを調整するコツですね。


現状ではそこそこ満足のレシピになったかなと思います。
本日は以上です。

2015/08/09 東別院会館 ツアー名古屋

楽しいチーム戦ということで名古屋まで足を伸ばしました。


レポート


参加チーム 17チーム
スイス6回戦+SE2回戦

フォーマット 天空構築チーム戦

“ラスクロ三柱神”
A みつい 橙紫コントロール
B Tangler 白黒光碧
C ちゅうそん 青タッチ紫黒(シャクりシャイン)


1回戦 個人○ チーム○ 3-0
VS 黒単(+青紫+白橙)
後攻。《忘れ河の幽霊船 幻月号》と《空中霊園 パンデネア》を貼られるが、《風化》は引けず。
しかし《怒れる双頭竜》を引けたので、トークンをなぎ払いつつビートダウンしていく。
《炎護の魔神 ナユガム》と揃えて砲台放題して勝ち。


2回戦 個人× チーム○ 2-1
VS 白黒青(+橙黒+紫青)
先攻。《不思議の国のアリス》も結合も《バステト》もあって無理。負け。


3回戦 個人○ チーム○ 2-1
VS 白黒(+橙紫黒+青紫黒)
先攻。低コストユニットで攻撃してくる相手に無慈悲な《大飛空塞 炎府城》を設置。
そのままコントロールして勝ち。


4回戦 個人○ チーム○ 2-1
VS 白紫(+青紫黒+橙黒)
先攻。2ターン目《服部半蔵》、3ターン目《大飛空塞 炎府城》から完璧な回りで勝ち。


5回戦 個人× チーム○ 2-1
VS 白紫(+橙黒+青紫黒)
先攻。カラー的に《大飛空塞 炎府城》かなと思って《風化》キープして動いてたら、2枚目を引いてくる。
一方の相手はユニットしか出してこず、何も出来ないまま負け。

全くデッキ読めず、力不足だった。


6回戦 個人○ チーム○ 3-0
VS 白黒青(+青紫黒+白紫)
先攻。《不思議の国のアリス》出てくるが、《炎護の魔神 ナユガム》CBと《服部半蔵》で打ち取るスタート。
相手からは《鏡の国のアリス》、《ノアの方舟》と出て、こちらは《風化》を打ちつつ砲台放題を揃える。
《光の聖裁》構えの相手に対してチマチマとライフを削っていき、盤面も制圧して勝ち。


チーム1位でSEへ。


SF 個人○ チーム○ 2-1
VS 白黒青(+青紫黒+白紫)
先攻。《覇炎の竜戦姫》と《変化の幻竜将 ルゥム》を揃えてビートダウンしていく。
時代III《厳冬将 ヴィクトー》に行動を縛られる展開になるが、こちらも時代III《闘獣王 ガルバ・ベルガ》で除去して押し込んで勝ち。


F 個人○ チーム○ 2-1
VS 白紫(+黒橙+青紫黒)
先攻。《陽炎の精》、《シンデレラ》、《陽炎の精》2枚目の攻勢を《紫天園の焚書炉》と《大飛空塞 炎府城》で捌いていく。
相手は《タマヨリヒメ》起動から後続を確保し、こちら息切れしそうになったところで値千金の《アポロン》CB発動。
・・・《メギオンの妖精飛兵》アビリティでSSになっていた《スウ・アの炎柱陣》を回収し盤面一掃。
あとは7点のライフを守れるように動いて勝ち。


結果、優勝でした。
戦績としてはチーム全員個人6-2で、チーム8-0なので噛み合わせがよかったです。

今回の勝利で、いつも一緒に練習している三人全員でFinalに参加できることになりました。
ハッピーです♪


本日は以上です。

【デッキレシピ】橙紫コントロール―炎府の城で踊りたい【天空構築】

ツアー名古屋チーム戦で使用したデッキを紹介します。

先に結果報告すると、優勝しました!(デジャブ感のある書き出しw)


橙紫コントロール―炎府の城で踊りたい


enfu.png

36 ユニット
3 《服部半蔵》
1 《緑林の竜》

3 《覇炎の竜戦姫》
3 《メギオンの妖精飛兵》
3 《紫天園の魔弾砲手》
3 《変化の幻竜将 ルゥム》
2 《忍び弓の達人 ハヤセ》
1 《命魂の戦導姫 イオータ》
3 《闘獣王 ガルバ・ベルガ》

3 《ゼス谷の小族長 ノノン》
3 《炎護の魔神 ナユガム》
2 《怒れる双頭竜》

3 《アポロン》
3 《ファフニール》

14 そのほか
2 《風化》
3 《魂石化の呪言》
3 《スウ・アの炎柱陣》

2 《紫天園の焚書炉》
1 《盗賊公の恐喝砦》

3 《大飛空塞 炎府城》

☆Stats
勢力 橙:紫=20:31
CA 3:2:1=6:38:6


デッキ解説


《アポロン》のソウルブーストや《大飛空塞 炎府城》によってアドバンテージを得て大型ユニットを叩きつけていくコントロールデッキです。
チーム戦用のデッキということで、個人戦用の構築とはかなり違っています。

まず、チームのデッキについて簡単に説明します。
他のデッキは青タッチ紫黒(チーム戦用のシャクりシャイン)、白黒光碧でした。
天空構築は青の《不思議の国のアリス》と結合がかなり強いため、これらをどのデッキに使うのか?他のデッキでこれらを使ったデッキに勝てるのか?というところがスタート地点になります。
青のデッキは青単、青黒、青紫などがオーソドックスですが、青単にしてしまうと青ミラーが不利になってしまうので選択肢は単色以外となります。
エース的な立ち位置なので、出来れば全勝、そうでなくても青以外にぽろぽろ落とすことがないレベルのデッキが求められます。
一方、青に対して勝てるというと《メギオンの妖精飛兵》や《スウ・アの炎柱陣》で結合対策が可能な橙や紫が候補になりますが、なかなかこれらだけで勝つことは難しいです。
他に目を向けると、終盤の巻き返しが見込める《未来の聖砂王 メルファード》&《飛空戦艦 メル・アルバタール》の白、《アポロン》から《闘獣王 ガルバ・ベルガ》という環境屈指のムーブがある橙あたりも、ワンチャンあるといえばある感じでした。
なので、青以外のデッキについてはカードパワーを重視しつつ、可能なら青メタの要素も取り入れるような方向性となります。
これらを総合して考えて、青のデッキは結合メタに対して強い《バステト》を使い、他のデッキは白+何か、橙+何かの編成となりました。
この場合は上記の組み合わせ以外に青&白紫&橙黒も考えられますが、この場合は橙黒=オセロテに《バステト》が必要になり青いデッキの弱体化が避けられないので却下されました。

以上で橙紫になった理由は大体説明出来たと思いますので、ここからは細部の解説をします。
構築で一番考えたのは《大飛空塞 炎府城》を使うかどうかで、使わない場合は《闘竜気法》を使ってビートダウンに寄せるような構築があります。
しかし、特に先攻時の《大飛空塞 炎府城》は相手に対処手段がない場合に勝ちになりやすく、使ってみるとCB不発の場合もそこそこ使い道があるということで採用となりました。
また、相手チームも《大飛空塞 炎府城》や《飛空戦艦 メル・アルバタール》、《青鏡の宝珠》あたりを使ってくることが予想されたので、お守りとして《風化》を入れています。
全体的には相手とのカードのぶつけあいになった時に有利になるイメージで、終盤戦に強く構築しました。
その分序盤は隙が多くなってしまっているので、多少抵抗するためにシャクりシャインから《忍び弓の達人 ハヤセ》を奪って採用しています。

デッキ構築にあたってはチームメイトは勿論のこと、ツアー和歌山のときにenchabiさんにも色々意見を頂きました。
みなさま、ありがとうございます!


のちほど、対戦レポートもアップします♪

2015/08/03 LCO デイリートリートメント

久しぶりに出てみました。


レポート


参加者 14名
フォーマット 天空構築
使用デッキ 青橙黒結合


1回戦 ○
VS 白黒紫コントロール
後攻。相手の《光の聖裁》を読んで、ケアしながら殴っていく。
そこまではよかったのだが、《完全なる眠り》構えのところで結合貼り先ミスってギリギリに。
後はユニット絶やさないようにプレッシャー掛けて何とか勝ち。

《完全なる眠り》っぽいなと考えてはいたが、その場合の最善手を検討できてなかった。反省。


2回戦 ○
VS 紫単
後攻。《陽炎の精》走ってくるが、2ターン目が《覇炎の竜戦姫》でクロック増加はない。
と思ったら《号令を待つ翼竜》と並んで打点が大きくなり、予断を許さぬ盤面に。
《大極風》構えで突然死を回避しつつチャンプも挟んでライフ損失を抑えるが、残り3点まで削られてしまう。
《シャクシャイン》&《不思議の国のアリス》でアドバンテージ差を付けていき、《バステト》が頑張って勝ち。


3回戦 ○
VS 青橙黒結合
先攻。《闘志のオセロテ》から《不思議の国のアリス》、《幻惑のセイレーン》と動いてビートダウン。
大体勝ったかと思ったところで相手に《バステト》+《氷獄の大公主》×2が揃って危ない感じに。
しかし気合いで横に伸ばしつつ、発展時《幻惑のセイレーン》キャッチで勝ち。

・・・発展せずに自分のトップ《バステト》でバーンしたら、そのまま勝ってた。ウッカリである。反省。


4回戦 ×
VS 白橙王
後攻。相手3ターン目《ゼス谷の小族長 ノノン》CBで盤面に《タグマールの聖泉守り》3枚が並ぶ事件。
勇猛パンチを受けつつ、こちらは打点を入れられないまま《闘獣王 ガルバ・ベルガ》が出てきて絶望的な状況に。
《極海の宝声 アイネ》+《幻惑のセイレーン》などで盛り返していき、何とかライフを一桁に。
しかし《迅速な救護隊》CBから《飛空戦艦 メル・アルバタール》で負け。

途中、明らかに《ティルダナ式投石術》構えのところを《バステト》でブロックするミス。
ミスの種類としては1回戦と同じなので、今日は全く集中出来てなかったってことだと思う。
練習時間は限られているので、一回一回を大事にすることを意識してプレイしていきたい。


結果3-1で順位は不明。


本日は以上です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。