スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/10/11 三重県総合文化センター ツアー津

ちょっと遅くなりましたが、ツアー津のレポートです。


レポート


参加者 15名
使用デッキ Chloe


1回戦 ○
VS 黒青制圧
後攻。相手の序盤の動きがイマイチだったので、余裕を持ってゲームを進める。
時代IVになったところで相手投了。


2回戦 ○
VS 白黒青コントロール
後攻。こちらだけ《飛空戦艦 メル・アルタバール》の場になって勝ち。


3回戦 ○
VS 黒紫制圧
後攻。進行値10以上貯められるが冷静に捌いていき時代IVに。
《未来の聖砂王 メルファード》対処されず勝ち。


4回戦 ×
VS 紫黒速攻
後攻。《魔刃の狂戦士》スタートから《神炎宰相 ユウファ》まで出てきてキツい。
こちらは《不思議の国のアリス》で対抗しつつ、時代IVで《血の管理人 サーネリア》着地。
回復しはじめたところで《祟り噛み》で負け。予想外。

1枚は入っているカードなので、考えて動くべきだった。


5回戦 ×
VS 白黒青コントロール
先攻。相手の《ノアの方舟》を仕事させないうちに《バトルシップ 天砂の息吹号》で割るグッドスタート。
しかしすぐに2枚目を引かれてしまい、さらに《禍福の熊猫》連打で時代差を付けられてしまう。
《飛空戦艦 メル・アルタバール》で捌きにいくも《バトルシップ 天砂の息吹号》をトップされて負け。

2枚目の《飛空戦艦 メル・アルタバール》をSSにしたのが明確にミス。
あとデッキは知ってたので後攻を取ったほうがよかった説はある。


結果3-2でした。残念。
次はツアー大阪に参加予定です。
スポンサーサイト

【デッキレシピ】白黒青コントロール―Chloe【天空構築】

ツアー鳥取、津で使ったデッキを紹介します。
その間で少し構築をいじったのですが、載せるのは最新版です。


白黒青コントロール―Chloe



フォーマット:天空構築(~天空編III)

29 ユニット
3 《聖砂銀狐》
3 《不思議の国のアリス》
3 《冬の御使い》
3 《暗雲の海賊団》
3 《禍福の熊猫》

3 《血の管理人 サーネリア》
3 《地下の国のアリス》

3 《未来の聖砂王 メルファード》
2 《夢霞の外套 ブロキナケト》
3 《死哭の戦乙女 クロエ》

21 そのほか
3 《魔血の刃》
2 《死へのいざない》
2 《完全なる眠り》

1 《ブラッディブレイド》
2 《静寂のハンドベル》
1 《幽霊渡りの大橋》
2 《深淵の黒雷》

3 《ノアの方舟》
3 《バトルシップ 天砂の息吹号》
2 《飛空戦艦 メル・アルバタール》

☆Stats
勢力 白:黒:青=17:28:14
CA 3:2=18:32


デッキ解説


《不思議の国のアリス》や《魔血の刃》、全体除去で序盤をしのぎ、時代IVから反撃するデッキです。
反撃要員、いわゆるフィニッシャーは《未来の聖砂王 メルファード》です。

天空編IIの環境で強かった結合デッキや、今弾から登場した制圧デッキは全体除去が苦手です。
このデッキには《死哭の戦乙女 クロエ》、《完全なる眠り》、《深淵の黒雷》と全体除去が3種類も採用されています。
そのため、上記のようなビートダウンデッキには有利に戦うことができます。

全体除去と相性がよいカードとして、《飛空戦艦 メル・アルバタール》が入っているのが特徴です。
相手はユニット1体だけだとワイプされてしまい、複数並べると全体除去されてしまうという、不自由な二択を迫られます。
また、全体除去の返しに『速攻』持ちユニットが出てきても対応可能で、かなり防御力が高いです。

このデッキは現在のメタゲームなら結構オススメなのですが、使う場合には一つコツがあります。
それは、”とにかく速くプレイする”ということです。
時代IVから《未来の聖砂王 メルファード》のワントップで殴るというプランを取るため、どうしても時間が掛かります。
引き分け、判定勝利は負けと変わらないので、高速でゲームを進めることが勝利の条件となります。
相手のターンに次のターンの動きを考える、素早くSSを起こす、などの練習をしておくとよいでしょう。


本日は以上です。

2015/10/07 LCO 天空デイリー

チケットが少なくなってきたので、デイリー参加しました(笑)


レポート


参加者 15人くらい?
使用デッキ 黒紫制圧―ヤシャスィーン!!
フォーマット 天空構築(~天空編III)


1回戦 ○
VS 紫青結合
先攻。序盤から殴り合いになって、お互い《竜風拳 シオン》が強い。
相手ブロッカー1体のところで《神炎宰相 ユウファ》CBしてラストクロニクル。


2回戦 ○
VS 紫単炎府城
先攻。相手1ターン目CA《変化の幻竜将 ルゥム》、SS《大いなる竜魂霊廟》で死を覚悟。
予定調和的に3ターン目《大飛空塞 炎府城》を貼られるが、せめてもの抵抗として2500ラインを並べていく。
ダメージレースになり、
相手がそれほどCBしなかったこともありギリギリ勝利。


3回戦 ○
VS 白単探索
先攻。《沈黙の黒牙 ザ・ジ》の返しに《砂エルフの偵察兵》のスタートで打点が入らず。
相手はCBで手札を補充しつつ《聖求の旗艦 メルアンタ》で進行値を貯める動き。
こちらは《魔血の破戒騎士 ゼスタール》を追加し盤面を溶かしながら突撃開始・・・!
しかし、サクッと《大翼神像 セゴナ・レムリアス》着地して大ピンチ、を《バステト》最強すぎて勝ち。


4回戦 ×
VS 黒紫制圧
後攻。《魔刃の狂戦士》スタートされて序盤からライフがゴリゴリ削られる。
《破門刃のオセロテ》連打してギリギリ盤面を持たせていくが、進行値をガッツリ貯められてしまいツライ。
終盤、相討ちするかスルーするかの選択をミスしてしまい負け。素人。


5回戦 ○
BYE


実質3-1で3位でした。


本日は以上です。

2015/10/04 TKP鳥取駅前会議室 ツアー鳥取

大阪から高速バスで3時間、鳥取まで行ってきました。
自宅からだと始発に乗ってもバスの発車時間に間に合わなさそうだったので、
前日は大阪の友人宅に泊めてもらいました。
実質、泊まりの遠征です(以上、日記)

以下、レポートです。


レポート


参加者 23人
使用デッキ 白黒青コントロール―Chloe


1回戦 ×
VS 橙黒青コントロール
先攻。相手序盤から《不思議の国のアリス》CBと《千年森の神官姫 ヨナティ》CBを連打されるスタート。
こちらの《ノアの方舟》は《風化》で割られてしまい、アドバンテージ差が厳しい。
その後もCBフィーバー(笑)するが、耐えて耐えて時代IVまで辿り着き《未来の聖砂王 メルファード》着地。
返しに《アポロン》CBでSSから《死哭の戦乙女 クロエ》を回収されて負け。

ラストクロニクル!


2回戦 ○
VS 黒紫制圧
後攻。《沈黙の黒牙 ザ・ジ》からスタートされるが、後続がなくクロックが伸びない。
こういう場合は除去が詰まってるもの、ということで除去されても損しないユニットから順に出して勝ち。


3回戦 ○
VS 黒青制圧
後攻。速攻ユニットでペチペチ殴られ、《ノアの方舟》で蓋される序盤。
しかし《バトルシップ 天砂の息吹号》から除去連打して時代IVを目指す。
《未来の聖砂王 メルファード》着地して対処されず、勝ち。


4回戦 ○
VS 青単
先攻。《禍福の熊猫》連打しつつ3ターン発展を繰り返し、高速で時代IIIに。
《飛空戦艦 メル・アルバタール》と全体除去で時間を稼ぎ、《未来の聖砂王 メルファード》無双して勝利。


5回戦 ○
VS 橙黒青コントロール
先攻。こちら《不思議の国のアリス》、《禍福の熊猫》スタートに対して、相手は事故気味。
上手くSSが伸びなかったので、好き放題して勝ち。


6回戦 ○
VS 白黒青コントロール
先攻。《禍福の熊猫》出して加速するこちらに対して、時代が発展しない相手。
時代IIIから《未来の聖砂王 メルファード》を出してプレッシャーを掛け、そのまま勝ち。


結果5-1で2位通過。


SF ○
VS 橙黒青コントロール
先攻。1回戦の対戦相手で、またまた序盤からCBがフィーバーしまくる・・・!
しかし、こちらの動きも悪くなく、大体イーブンくらいの盤面で後半戦へ。
そうなれば有利で、オーラで殴って勝ち。


F × 0-2
VS 白黒青コントロール
1本目。後攻。接戦の末、ライフ詰め切れず負け。
途中でゲームプランの切り替えが必要だったので反省。

2本目。先攻。引きたいカード全部CAに落ちて負け。
こちらは割と仕方ないかも。


結果、準優勝でした。残念。
とはいえ、一緒に参加していたチームメイトのTanglerさんが優勝したのでよかったです。


本日は以上です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。