スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「災禍を討つ者」ファーストインプレッション―橙

第3弾『災禍を討つ者』のファーストインプレッションをザックリ書いていく企画、第2回です。


「災禍を討つ者」ファーストインプレッション―橙


今回の記事では勢力橙のカードを取り上げる。

《赤熊酒場の用心棒》
CA2かつCBでカード1枚分得するカードは侮れないが、現状酒場のカードは0.5枚のみである(※0.5は体感値です)。
彼が新たな職場を見付けた時、秘められた才能が開花するかも知れない!?

《アラモロ山岳戦士》
カード名&カテゴリとイラストのギャップがすごいが、ATKはもっとすごい。
SSを増やせるデッキなら4,5以上になっていることもよくある。
パワー1500しかないので単体ではダメージを通しにくいが、オーラ等で補助していきたい。

《イシュタル》
時代発展時にカードアドバンテージを獲得出来るカードは強い。
これはラスクロの歴史が物語っている事実である―よって、このカードも強いはず。
片方のモードはアドバンテージこそ稼げないが、汎用性の高さは素晴らしい。

《魂石洞の探検者 ミャオマオ》
シンプルながら損せず運用できる基本サイズのユニットというのは非常に貴重な存在。
ただしダブルシンボルという点はネックになってくるので、無条件で採用出来るわけではない。
序盤から橙SSが3個以上あるシチュエーションでも自由に動けるようなデッキに入れたい。

《最後の白牙族》
時代発展を無視したCAバランスのデッキで使いたい1枚。
出来れば“飼い主”も併用したいところで、候補は《モロクの火炉番》や《タグ荒野のオーク》などがいる。
面白い使い方として、CAヤードが蒼眞勢を含むCA6以下の時に《蒼眞の早馬》を出して時代発展することで絶滅回避という方法がある。

《猛り地の獣 ガムラドゥ》
オーラバトラーデッキ(笑)で活躍しそうなアビリティを持っている。
橙青はこれまでだと《アースドラゴン》が主な除去だったのだが、このカードのおかげで時代III以降も継続して除去していくことが出来るようになった。
除去が必要ない時は単純にサイズが大きいユニットとしても使えるので非常に使いやすい。

《テムジン》
カードゲームは通常は加算・減算を軸にプレイすることになるので、乗算のカードは注目する価値がある。
ATKをアップさせてから発展時のアビリティを解決すると、ワンパンで人が死ぬATKになることも。
不利な盤面を覆す力を持ったカードだ。

《ぶち殺しのトレント》
テキストがないため多くは語れない。
しかしこのカードは非常識だ。

《実体の引きずり出し》
タイミングを選ばずユニットを配置出来るカードなので、是非相手ターンに出していきたい。
《聖繕》のところでも似たようなことを書いたが、やはり《始祖龍の初孫 ラ・ズー》との組み合わせが最もインパクトが大きい。
小さいユニットを出しても面白くないので、SSが増えるデッキで使おう。

《創造》
なんとなく《瞑想》チックなカードだが、CBでカードが獲得出来るのは優秀。

《神山の竜脈》
橙単か、もしくはそれに近いようなデッキならかなり活躍出来るカード。
『勇猛』は単純に強力な上、《皇護の刃 イズルハ》や《蒼眞の剣華 ミスルギ》に耐性がつくのもエラい。


イチオシカード―橙


《ギサの賞金稼ぎ ネアルピ》
2コストという軽さにも関わらず、相手に与えるプレッシャーは非常に大きい。
パワー2000でアタックが通しにくい点は、各種回避能力の付与や除去と組み合わせてカバーしよう。
SSが増えれば行動回数も増えるため、一度アタックが通るとドンドン差を付けていくことが出来る。
しかも比較的緩い条件でのパワーアップも可能なため、一人でフィニッシャーまで兼ねられる。
まさに至れり尽くせりな強ユニット。


今回は以上です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。