スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「災禍を討つ者」ファーストインプレッション―紫

第3弾『災禍を討つ者』のファーストインプレッションをザックリ書いていく企画、第3回です。


「災禍を討つ者」ファーストインプレッション―紫


今回の記事では勢力紫のカードを取り上げる。

《壊嵐の獣 オグ・シグニス》
スペックがなかなか優秀な獣サイクルのユニット。
紫のデッキは特に工夫しなくてもダメージを与えるカードが入るので、宝珠カウンターのアビリティはパッと見よりも使いやすい。
《雲荒らしの雷吐き》や《オグ・シグニスの壊嵐》といった恒久的にダメージを与えられるカードは特に相性がよい。

《壊嵐の眷属》
コスト軽減がなくてもギリギリ許せるラインなので、《壊嵐の獣 オグ・シグニス》が入るなら一考の余地あり。

《クレオパトラ》
『速攻』という強力なアビリティのバーゲンセール。
相手からすれば次の展開が読みづらくなるため、非常にイヤラシイ。
時代IIIからのアビリティもゲームを決める力がある。
ただし本人に戦闘能力はないも同然なので、ヒストリー感覚で使っていこう。

《雷力剣士隊長》
若干モッサリ感がある雷力術のスペルをサポートするアビリティを持っている。
場にあるのとないのでは大違いなので、雷力術デッキなら是非採用したい。

《呂布》
このカードのCBは《マーリン》のCB×2回分のような扱いだろうか。
普通に出しても強いのだが、基本はCAヤードからの強襲が仕事になりそう。


イチオシカード―紫


《雷力師団長 ニコレアナ》
3コストと軽く使いやすいユニットでありながら、条件の緩い全体強化能力を持っていることに驚く。
1回使えるだけでも十分だが、《いかづちの連弾》で2回も使えればゲームは終ったも同然。
しかもCA2でありながらCBでカード1枚回収、それも除去を手に入れられる。
《闇の全知者 ヴァイヤ》のCBがかなり強力だったことを考えると、このCBも申し分ないだろう。
このカードの存在が雷力術デッキを支えている。


今回は以上です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。