スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「災禍を討つ者」ファーストインプレッション―黒

第3弾『災禍を討つ者』のファーストインプレッションをザックリ書いていく企画、第4回です。


「災禍を討つ者」ファーストインプレッション―黒


今回の記事では勢力黒のカードを取り上げる。

《黒騎将 ウーディス》
構築に特に制限がなく、無駄になりにくいCBが付いているユニットは黒では初めて。
時代IIIから本領発揮になるが、動き出したら手が付けられない系ユニットといえる。
ブロックされても、されなくても嬉しいアビリティなので、出来れば積極的に攻撃するデッキで使いたい。

《本因坊秀作》
今弾、黒の兵棋ユニットは全て墓地に置かれた時に何かしらのアビリティを使うことが出来る。
しかしそういったアビリティは場に出た時のアビリティと違って、タイミングが選びにくいのが少し使いづらい。
そこで、この男の登場である。
任意のタイミングで兵棋ユニット達のアビリティを使えるのはかなり使い勝手がいい。
相手のリソースを奪っていく戦い方になるので、コントロールデッキのキーカードとして活躍させたい。

《メディア》
カウンターを増やすアビリティ、除去アビリティともにお供が必要だが、噛み合った時の威力は絶大。
勢力黒のカードなら《黒の宝樹》、他勢力なら《猛り地の獣 ガムラドゥ》などの獣と相性がよい。
除去アビリティのコストが重めなので、橙と組み合わせるなど工夫したいところである。

《猛虎の奇兵》
《龍王の奇兵》
標準スペックから1コスト重くなっただけで、アドバンテージが取れるようになった。
兵棋であることもメリットなので、色々と使えそう。

《呪殺》
CA3の 使 い や す い 除去。
黒いデッキならとりあえず入れてみてもいいレベルで 使 い や す い(大事なことなので二回言いました)


イチオシカード―黒


《疫魔の獣 イルルガングエ》
印刷されているパラメータはレベルIの性能に見えてしまうが、実際はその逆で青天井のパワー・ATKの持ち主である。
相打ちしたり、ソウルチェンジしたり、簡単にカウンターが載るので育ち放題。
適当なタイミングで1コスト払って出しておくだけで、時代IIIで圧倒的有利に立てるのは驚異的なリターンといえる。
軽さこそ正義を体現するユニットだ。


本日は以上です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。