スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/08/03 ブックスヤスモト 前哨戦

第1弾「始まりの刻音」のS(スーパーレア)の2種類のカードの情報が流出(?)しているようです。
出所は販促ポスターとのことなので、信憑性もありです。
気になる方はリンクのTCG Sourceさんからどうぞ。

さて、本日は前哨戦の参加レポートを書きたいと思います。
行ってきたのはブックスヤスモトさんです。

zensho_poster
前哨戦のポスターが貼っていました。3回開催があります。


大会レポート


時間ちょっと前に行くと店内には人影なし^^;
不安になりつつも開始時間を待つと、もう一人来られました。

使用デッキは青白。
参加者は2名。


1回戦 ○
VS 青紫
先攻。マリガンなくスタートし、2,3ターン目に2コストユニットを出しつつ《シルヴァライトの冠》も展開する理想的な展開。
一方、相手はCAが6で止まってしまい、《シルヴァライトの冠》を見落としてチャンプアタックしてしまう事故&事故(?)で残念な感じ。
その後、レベルIIのユニットを一切引かなかったので、適当に《ラーンマジックナイト》や《ヴァイスガート弓騎士団》を展開して時代IIIを目指す。
こちらは時代IIIまで3ターン毎の発展のペースが維持出来たこともあり、《ラーンマジックナイト》2枚目によるビートで時代IVを待たずにゲームエンド。


というわけで、1回戦のみでしたが勝って終わりました。
《卑弥呼》1枚目ゲットです^^


青白の選択理由


1回戦分のレポートだけでは味気ないので、青白の選択理由も簡単に書いてみます。

スターター環境はゲームの状況が硬直しにくいようにデザインされており、各勢力にダメージを通す手段が用意されています。
それらの中で最もシンプルかつ優秀な手段が『オーラ』であることに注目しました。
『オーラ』は『オーラ』でしかブロック出来ず、それ以外に止める方法は除去しかありませんが、除去は一部の勢力の組み合わせを除いて枚数がかなり絞られています。
つまり、対処困難な『オーラ』に対処出来るのも『オーラ』なので、言うなれば使い得の状況となっているわけです。

では、『オーラ』が一番多いのはどの組み合わせかというと青白だったので、青白を選択しました。


レポートは以上です。
また、参加したら書きたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラスクロ 【第2回】スターター第3弾配布後の評判、環境解説

MtG、FFTCGの大会に上位入賞し、Magic: The Gatheringのコラムも執筆されている「mitsui」氏の考察記事です。 mitsuiさん  Twitter @legend_m 2013/08/03 ブックスヤスモト 前哨戦 ラスクロ楽しい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。