スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/11/15 ベルサール神保町 Tour 2nd Final

―20年ほど前にTCGをはじめて、いつの頃からでしょうか。
“全国優勝”が目標になっていました。

FFTCG(というホビージャパンから発売されていたTCG)で、練習チームを組んでからでしょうか。
チームメイトが“全国優勝”する姿を見て、自分もいつかは、と思ったのかも知れません。
「次はみつい君の番だよ」とチームメイトから言われて、その気になったのかも知れません。

もしくは、あと一歩で“全国優勝”を達成できた、ラスクロ第2回全国大会?
届きそうで届かない、憧れの場所―



前日早寝したこともあり朝はスッキリと起きて、かみやんさんと朝マック。
朝食を摂りつつ、プレイングのことをあれこれ相談。

宿に戻ってtatewakiさん、Tanglerさんを起こして、いざ会場へ。
何となく、今日はいい日になるんじゃないかという、爽やかな気分。


レポート


参加者 16名?(スイス5回戦+SE2回戦)
フォーマット クラシック構築(~天空III)
使用デッキ Chloé

デッキ分布は下記の通りです、多分。

白黒青 7(44%)
ドラゴン 4(25%)
ゾンビ 2(13%)
白黒橙 2(13%)
白橙青 1(6%)

予想通り白黒青が最大勢力でしたが、白黒橙が思ったより若干少ないかな?という感じでした。
ゾンビが複数人いて、出来れば当たりたくないところでした。


1回戦 ○
VS 白黒青コントロール
対戦相手がかみやんさんだったのでフィーチャーテーブルからスタート。
後攻。《アルセーヌ・ルパン》の《希望さらいの怪盗》指定が刺さったらしく、相手の序盤の動きがイマイチ。
とはいえ、お互いに《禍福の熊猫》を出しあうミラーらしい展開。
相手の《エクスカリバー》をハンデスして、こちらだけ《エクスカリバー》着地。
そのまま終盤戦に突入したので、《血の管理人 サーネリア》でちゅっちゅして勝ち。


2回戦 ○
VS 白橙青ミッドレンジ
先攻。《砂エルフの偵察兵》スタートされて、何のデッキか分からない立ち上がり。
その後、《幻影剣士 アスカ》や《鹿角の大シャーマン》で攻められる展開で、なかなか捌きにくいためライフが削られていく。
時代IIから時代IIIへの3ターン発展が失敗し《死哭の戦乙女 クロエ》出せず、ライフ6まで削られる。
とりあえず1回リセットして・・・
そこからの相手の攻めが細かったので《血の管理人 サーネリア》+《エクスカリバー》で回復して勝ち。危ない。


3回戦 ×
VS 白黒ゾンビ
先攻。発展時に《メルアン式光破砲》をキャッチし《ロヴォスの暗黒祭壇》に対して牽制していく。
相手も《バストリアの大恐慌》で《アルセーヌ・ルパン》を抜いてからの《慟哭城の黒姫 ベルファーラ》とよい動き。
こちらは《禍福の熊猫》などを出していくが、相手の小粒のビートダウンを捌けずライフが厳しくなっていく。
時代IIIからIVへの3ターン発展が失敗し、返しの相手の時代IVへの発展成功から《ジル・ド・レ》で負け。

途中、相手の墓地をよく見ていなくて《背徳売りの長 ジャ・ダ》に対して無駄にユニットを犠牲にしてしまうミスがあった。
これがなければライフが足りていたはずなので、手厳しい咎めを受けてしまった形となった。


午前2-1で、決して悪くはないがよくもない戦績で昼休憩に突入。
いつもは他の人と食事することが多いが、この時はコンビニで一人で軽めの食事に。

理由は、昼前のミスを十分反省し、気持ちを切り替えるため。
ミスがミスを呼ぶのだけは絶対に避けたいので、落ち着いてから会場に戻ることにする。



―正直、自分に“全国優勝”が成し得るのかは、半信半疑です。
チームのみんなは「みつい君ならやれる」と言ってくれますが、自分では自分を平凡なプレイヤーだと思います。
実際、今日の午前中だって、ミスをして試合に負けてしまいました。
でも、クヨクヨしていても仕方ないので、午後からも一歩一歩頑張っていこうと決めます―



4回戦 ○
VS 白黒橙タッチ《竜吉公主》コントロール
先攻。序盤、相手のSSが白白黒なのに《アルセーヌ・ルパン》で《アポロン》を指定してしまうミスをしてしまう。
相手は順調に時代発展して、珍しくこちらのほうが遅れる展開になる。
《関羽》に殴られながら時代IVに到達し、そこからは《竜吉公主》で押していく。
《深淵の黒雷》を打たれたりするが、《完全なる眠り》引かれなかったこともあり、そのまま勝利。

序盤にミスをしたことで、逆に気持ちが引き締まる。


5回戦 ○
VS 白黒青コントロール
なぜか、この5回戦以降全てフィーチャーテーブルでの試合。
先攻。序盤はお互いに緩やかな立ち上がりで、《アルセーヌ・ルパン》は《禍福の熊猫》指定。
自分が《禍福の熊猫》を持っていない場合、相手だけ時代が先行していくのも阻止する選択。
こちらだけ中盤から《ノアの方舟》と《エクスカリバー》が設置できたので、強気に押していき勝利。


4-1でシングルエリミ進出です。


SF ○
VS 白黒橙コントロール
後攻。今度は《アルセーヌ・ルパン》でミスではない《アポロン》指定からゲームスタート。
中盤に《ノアの方舟》を置けたこともあり、時代IIIに《蒼世の女剣神 イズルハ》を出して相手に対応を迫っていく。
どんどんプレッシャーを掛けていき、ライフを削って勝利。


F ○ 2-1
VS 5色ドラゴン
1ゲーム目。先攻。《アルセーヌ・ルパン》で《海理の闘将 アマツミ》を指定するスタート。
イベントも最終戦となればお互いの手の内は知っているもので、盤外情報から選択。
序盤から相手の動きがよくなかったこともあり、余裕を持って時代IIIへと進んでいく。
《アルセーヌ・ルパン》を《大極風》でバウンスしてからの《海理の闘将 アマツミ》着地、
これには《死哭の戦乙女 クロエ》素出しで対応し、さらに時代IVで《未来の聖砂王 メルファード》まで。
大体盤石だが、ここで《アルセーヌ・ルパン》出し直しに際してミスが出てしまう。
候補として《鎮魂の道士》、《バステト》、《ファフニール》あたりで考えていたが、《滅史の災魂 ゴズ・オム》も候補だった。
実際に指定するかは別として、全く考慮から抜けていたので反省。とはいえ、何事も無く勝利。

2ゲーム目。後攻。悪くない初手をキープ出来たが、相手の動きが良好でよいところなく敗北。

3ゲーム目。先攻。再び《アルセーヌ・ルパン》は《海理の闘将 アマツミ》指定。
《血風の狂戦士 バルカヌス》でアタックされつつも、慎重に盤面を構築していく。
中盤《バストリアの大恐慌》を引いてきたので手札チェックし、《闘竜気法》を捨てさせる。
この時点でライフはかなり減っているが、ユニットのサイズ的には優位で、コンボがなければ削りきられることはないと判断。
《神炎宰相 ユウファ》が出てきて思わぬダメージを受けてしまうが、ライフ10残して時代IIIへ。
ここで《地下の国のアリス》を手札に加えられて、盤石になる。
あとはコンボを警戒して《夢霞の外套 ブロキナケト》を挟みつつ時代IVでフィニッシュ。

途中、ハンデスが引けていなかったり、相手のCBが噛み合ったり、何かあれば負けていたギリギリの勝負。


結果、優勝。



―とても嬉しいです。正直なところ、自信はなかったですけど。
自分なんかが“全国優勝”できるのかと思っていましたが、でも、チームメイトのみんなの言うことを嘘にはしたくなかったです。
だから、いつかは“全国優勝”すると誓って、少しずつ進んでいこうと決めました。

そして、遂に、望んでいたものを手に入れることができました。
いえ、本当は、既にもっと大切なものが、手の中にあったことに気付くことができました。
それはこの勝利を、喜びを、分かち合える仲間。とても尊い仲間です―



---
大会終了後は、同宿の4人+varonさんで祝勝会に行きました。
帰りもバスだったのですが、出発時間ギリギリまで楽しい時間を過ごせました。


最後になりましたが、チームメイトのみんな、一緒に喜んでくれた人たち、
お祝いを言ってくれた人たちに感謝の意を表したいと思います。
ほんとうにありがとうございました。


これで、私の最高に一日のお話はおしまいです。
これからも、ずっとTCGを楽しんで行けたらいいなと思っています。
スポンサーサイト
コメント

お疲れ様です。そしておめでとうございます!自分がラスクロを始めるきっかけの一つであるみついさんの優勝は、自分の事の様に嬉しいです。これからも影ながら応援しています!

ディークさん

お疲れ様です&ありがとうございます!
そう言って頂けると、ラスクロやっててよかったと思いますw
今後ともブログ共々よろしくです~
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。