スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【デッキレシピ】白青ラ・ズーコントロール―ゴッドフェス【クラシック構築】

突然ですが、みなさん、“ガチャ”は好きでしょうか?

ソーシャルゲームのゲーム内システムでよくある、
課金等でランダムにアイテムをゲットできるアレです。
好きな人も、嫌いな人もいるかと思いますが、
近年のゲームを語るには外すことができないものです。

流行のポケモンGOのタマゴなんかもガチャといえばガチャですし、
TCGではパック開封がガチャにあたる要素といえるでしょう。

もっと言えば、対戦中も初手ガチャにはじまり、
毎ターンのドローガチャ、クロノチェックガチャなど、
カードゲーマーは多かれ少なかれガチャとの縁があります。

そして、なんといってもガチャの魅力は
“当たりを引いた時の気持ちよさ”にあると思います。
その快感には中毒性があります。

ある時、私は考えました。
「対戦中にもっとガチャりたい。気持ちよくなりたい」、と。


???「私を使えばもっとガチャれますぞ」


ん、誰だ・・・?


ea3d2c18.png


しょ、《諸葛亮》先生だー!!

というわけで(?)、今回は
《諸葛亮》でガチャるデッキの紹介です。


白青ラ・ズーコントロール―ゴッドフェス


CpPEwINVUAAlm8W.png

フォーマット:クラシック構築(~陽光II)

30 ユニット
3 《聖砂銀狐》
3 《冬の預言者》
2 《予兆の姫巫女 イルミナ》
3 《冬の御使い》
3 《翔光の聖急使 エル・ニーサ》

2 《タマヨリヒメ》
3 《諸葛亮》

2 《波打ち際の斥候》
1 《砂エルフの射手隊》
1 《未来の聖砂王 メルファード》
1 《フリン》
3 《光継の神龍王 ラ・ズー》

3 《祈願の機光将 エイダ》

20 そのほか
3 《新世の導き》
2 《束の間の平和》
3 《ティルダナ式投石術》

3 《神化の天導門》
3 《異邦からの訪れ》
2 《龍王の厄災日》

3 《ノアの方舟》
1 《飛空戦艦 メル・アルタバール》


勢力 白:青=39:16
CA 3:2:1=19:29:2


デッキ解説


色々なコンボによって《光継の神龍王 ラ・ズー》を戦場に配置し、
全体除去の連打によるコントロールを狙うデッキです。


まずは主なコンボを説明していきます。

1.ゴッド降臨確定!孔明フェス開催!
《光継の神龍王 ラ・ズー》+《冬の予言者》+《諸葛亮》

《冬の予言者》のアビリティにより《光継の神龍王 ラ・ズー》を
デッキボトムに送り《諸葛亮》で呼び出すというコンボです。
《光継の神龍王 ラ・ズー》は自分のユニットも巻き込んでしまいますが、
《ノアの方舟》があればコンボパーツを再利用できちゃいます。

《諸葛亮》でガチャるといっても、ランダムになることは稀です(笑)

2.お得!ゴッドお試しキャンペーン!
《光継の神龍王 ラ・ズー》+《異邦からの訪れ》

通常16コストの《光継の神龍王 ラ・ズー》ですが、
《異邦からの訪れ》により3コストで戦場に配置しようというコンボです。
《光継の神龍王 ラ・ズー》はCAヤードにいってしまいますが、
発展時に回収して上のコンボに繋げる動きも可能です。

3.時代IV限定!サプライズガチャ!
《光継の神龍王 ラ・ズー》+《翔光の聖急使 エル・ニーサ》

《翔光の聖急使 エル・ニーサ》の時代IV効果により、
無料で《光継の神龍王 ラ・ズー》を降臨させるというコンボです。
《新世の導き》があれば時代IIIでも決めにいくことができます。
このコンボは《光継の神龍王 ラ・ズー》を引いている必要がないため、
ドローガチャの運が悪くてもOKな点がよいですね。

これらのコンボで戦場をキレイにしつつ、
時代III~時代IVを目指していくことが基本的なゲームプランとなります。


次に、その他のカードの解説です。

・CA3のカード
3 《聖砂銀狐》
3 《冬の預言者》
2 《予兆の姫巫女 イルミナ》
3 《冬の御使い》
2 《波打ち際の斥候》
3 《祈願の機光将 エイダ》
2 《束の間の平和》
3 《ノアの方舟》

コンボパーツの《冬の預言者》と《ノアの方舟》 については
説明したので、他のところをみていきます。

《聖砂銀狐》と《波打ち際の斥候》はデッキの潤滑油として、
コンボをサポートする役割となります。

《予兆の姫巫女 イルミナ》と《冬の御使い》はSS安定要員ですが、
《イルミナ》が少ないのはCAに送るCA3が手札にない場合が結構あるためです。

《祈願の機光将 エイダ》はフィニッシャーとして機能しつつ、
時代発展のサポートにもなってデッキに合っています。

《束の間の平和》はコンボが決まるまでの繋ぎや、
突然の速攻による大ダメージをケアする役割です。

・サーチカード
2 《タマヨリヒメ》
3 《神化の天導門》

《タマヨリヒメ》はコンボパーツやピン刺しのカードを幅広くサーチできます。
ただ、実質白トリプルコストのため、いつでも出せるわけではないので2枚にしました。

《神化の天導門》はCBでキーカードにアクセスできるというのが一番の採用理由です。
とはいえ、サイズが大きいユニットが多いので勇猛付与の効果も活躍します。

・除去とピン刺しカード
1 《砂エルフの射手隊》
1 《未来の聖砂王 メルファード》
1 《フリン》
3 《ティルダナ式投石術》
2 《龍王の厄災日》
1 《飛空戦艦 メル・アルタバール》

《慟哭城の主 パルテネッタ》や《インドラ》が苦手なので、
その辺りのユニットに当たる除去を多めにしています。

《未来の聖砂王 メルファード》と《飛空戦艦 メル・アルタバール》は
終盤戦を手堅く勝ちきるために採用しています。

改善するとすれば、苦手な黒単対策として《静寂のハンドベル》を採用したり、
追加のコンボパーツとして《夢神のお告げ》を試したり、といったところでしょうか。


これまであまり使われなかった《光継の神龍王 ラ・ズー》 ですが、
実際に使ってみると驚くほどのインパクトがあるカードでした。
コストの重さというデメリットを無視できる相方が増えれば、
今後も強くなっていく可能性は十分あると感じています。

また、回していて非常に楽しいデッキになっていますので、
是非みなさんもゴッド降臨のパワーを体感してください!
《諸葛亮》ガチャ中毒になること請け合いです♪

ただし、ガチャのご利用は計画的にお願いしますね^^

img_1.png


本日は以上です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。